sweet&sweet




余り糸でフリーパターンの帽子Wurm とケープを編み始め :: 2015/10/29(Thu)


IMG_8798.jpg

RaverlyからフリーパターンのWurmを余り糸で編みはじめました。
残念ながら糸が足りず、解こうか?と思ったところ、送料100円期間中だったので、迷わず買い足しができました(現在、送料100円は終了してます)
買い足した糸がまた余ってしまうなぁ。







糸はPURA LANA BARUFFA DKのダークグレー、ピエロさんで購入 ↓
今季に買ったダウンベストにあわせようかなと思ってます。






IMG_8809.jpg

楽天の買い回り期間中だったけど、注文の翌日に発送メールがきて、すぐに届きました。
一玉しか購入していないのに、KINT ANGEもいただけました、表紙がかわいいです。




IMG_8805.jpg

毛糸を待つ間にもう一つ、糸消費プロジェクトを始めました。

三國さんの編みものワードローブから、フェアアイルのケープレット。






余り糸だけで編むので、配色が地味な感じだけど、なんとかなりそう。
少しずつ残っている糸を使うには編み込みっていいね。
これからどんどん寒くなる朝、サッと被って使いたい。

編みものワードローブの中で、このケープは全然気にしていなかったけど、急に編みたくなりました。
編み込みの色を間違えまくって、何度も戻ったりしてますが、久しぶりの編み込みを楽しんでいます。











スポンサーサイト
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Ravelryよりフリーパターン、Honey Cowl 完成・着画 :: 2015/10/23(Fri)




今季の小物第1弾が完成。
Ravelryの人気パターンのhoney cowl、昨年は夫に編んだので、2回目です(夫のは違うものに編みなおしたけど)
今回はたぶんミスなく(すべり目のとこ)編めたと思います。

ロングバージョンの作り目、幅は17cmで伏せました。
易しいパターンなので、映画を観ながら編みました。





糸はmalabrigo worstedを1.3カセ使用。
毎回、残る糸を今後どう活用しようか。。
25日からタイムセールをやるようです ↓







IMG_8767.jpg

2重に巻いて、、、少し輪が大きいかな。
午前中、室内が肌寒かったので、巻いてみるとあったかい!
寒〜い日の防寒アイテムが出来ました!

次は、帽子を編もうと思います。





  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
Featherweight Cardigan完成・着画 :: 2015/10/20(Tue)


IMG_8738.jpg

先月から編み始めたカーディガンが完成。





その名の通り、着ていることを感じないほどの軽さ、完成後測ってみると80g!
薄手でこの時期に部屋で羽織るのにちょうどいいな。
長袖か七分袖で迷いましたが、家事をする時に楽なので七分袖にしました。

シンプルで編みやすいパターンなので、袖の長さや丈のアレンジがしやすそうでいいです。
レースだとかなり薄手なので、中細でも編んでみたいなぁと思いました。
今日は半袖の上に羽織っています、肌にあたるソフトな編み地が気持ちいい。。。



IMG_8752.jpg

サイズは小さい方から3つ目(Bust 38.75)で編みました。
立派な肩幅に取られ、前がけっこう開き気味、、、もうワンサイズ大きくてもよかったか。
わりと伸縮するので、引き寄せて前立てを重ねることは可能です(伸びちゃう?)

malabrigo lace1.6カセで出来ました ↓
色はPOLAR MORN、落ち着いた色でさりげない色調でクセがないです。





IMG_8755.jpg

次は、Honey Cowlをスタートしました。
糸は、malabrigo worstedで。
色はカーディガンと同じPOLAR MORN





malabrig worsted ↓





着る物も編みたいですが、帽子など小物類もいくつか新しくしたいです。





  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
2015 週末台湾旅・part4 野柳地質公園 :: 2015/10/16(Fri)

(更新しそびれていた台湾旅日記を2016年5月に更新)

旅の最終日、ホテルで朝食後に荷物をまとめチェックアウト。
夜の月琴民謡祭の時間まで遠出をしました。



IMG_0147 (1)

MRT淡水駅へ移動し、ロッカーに荷物を預け、駅からバスに乗って約1時間半、野柳地質公園へ
行ってみたかった観光スポットに台湾5回目にしてようやく行ってきました。



IMG_8518.jpg

長時間乗っていて、ボケっとしている時に目的の野柳に到着、他の人が多く降りているので気づきました、危ない。

画像はバスを降りて、目にする風景です。
降りた人がだいたい公園へ向かうと思ったので、迷いませんでした。



IMG_0149 (1)

バス停から道路を渡り、道なりに行くと野柳漁港、ワクワクしてきた。



IMG_8522.jpg

この日も天気に恵まれ暑かったです。
バス停から公園までは5分くらいかな、すぐです。



IMG_0151.jpg

以下、台北ナビより引用

野柳地質公園は、萬里郷にあり、北海岸に突出した細長い岬。1000万年におよぶ地殻運動、海蝕、風蝕の影響を受けて、奇怪な岩石が奇抜な海岸景観を展開しています。全長1700メートルの長さの岬は、大自然の石彫芸術!見る者を圧倒し、台湾の代表的な観光スポットの一つでもあります。キノコ岩とも言われる蕈状石が野柳の中でもっとも多く目を引きますが、これは岩層の割れ目が海水の浸蝕を受けて、長い時間をかけて流れ出していき、砂岩の中の硬い部分だけが次第に露出していったものです。さらに日射、雨、波浪、強い季節風にさらされ、現在のように様々な形のキノコ岩ができました。



IMG_0153.jpg

混雑する時間は入場制限もあるようです。
行った時は大丈夫でした。



IMG_0154.jpg

海岸に行く前に奇岩がお出迎え。



IMG_0156.jpg

不思議な岩と青い海、自然が創り出す美しい風景に感動しました。


IMG_0157.jpg



IMG_8553.jpg

奇岩の側に来ると更に不思議な空間にいる気分。
間近で写真を撮るのが楽しい。

地面は立ち入り禁止の赤い線が引かれていたり、ルール違反なことをしていると、監視員の笛がピピーっと鳴ります。
あちこちで笛が鳴ってました。



IMG_8545.jpg

奇岩には名前が付けられているのも多数あり、これはキャンドル岩。



IMG_8559.jpg

一番有名なクイーンズヘッド。
この岩だけは写真撮影するのに並ばないといけません。

岩の向こう側は並ばなくても写真を撮れる場所ですが、左手の列に並ばないといいアングルで収められないのかも。



IMG_0172.jpg

まさに気品ある女王さまのようなシルエット、ちゃんと横顔に見えますよね。

順番が来たら、クイーンズヘッドの側へ行き、ひとりが写真を撮る、、どちらにも立ち位置のマークが付いているので、そこに立てばいい写真が撮れるという感じ。
私たちも無事に記念写真が撮れました、風が強くて髪がすごいけど。

女王さまの首、細いので後どのくらいこうして見ることができるのでしょう。。。



IMG_0179.jpg

こちらはドラゴンヘッド

野柳地質公園、雄大な観光スポットでした。

帰りは違うルートのバスで戻ったのですが(陽明山経由)夕方の街中は渋滞で、けっこう時間かかって疲れた〜





IMG_8670.jpg

月琴民謡祭になんとか間に合い、この日は楽しみにしていた台湾の月琴と日本の津軽三味線の共演があり、感動的な演奏を聴かせていただきました。

飛行機の時間もあるので、余韻に浸る間もなく移動、無事に帰国、月曜の早朝に帰宅して、着替えて夫は出勤(お疲れさん)

金曜の早朝便で出発、日曜の深夜便で帰国、時間をたっぷり使えた2泊3日の週末旅でした。



  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Featherweight Cardiganの進み具合。 :: 2015/10/15(Thu)


先月末、手首から肘までの筋に痛みが出てから4日ほど編むのを控えると、痛みが無くなりました。
編むのを再開した数日後に台湾へ出かけたので、旅行中、帰宅後の数日間は編まずに過ごし、だいぶ手を休めていました。
現在は普段通りに編んでいますが、痛むことなく過ごしてます、、でも編み過ぎには気をつけようと思います。


IMG_8716.jpg


カーディガンの現状はこんな感じで、最後の前立てに入っています。
休んでいなければもう完成していただろうなぁ。
編み地がホワホワで軽くて、着るものを編んでいる感じがしないな。





malabrigo lace2カセで足りた、3カセ買ってしまったので、残りで何を編もうか迷いそう。





編み物の季節になってきて、新刊本が続々と発売になっていて、ブロガーさんの本レポや書店で手に取って、中身を楽しんでいます。
発売前から気になる本もあったけど、今すぐ編みたい!と思う作品がなく、購入には至っていません、、、
カーディガンの次は小物でも編んで、ウェアは何を編むかじっくり検討したいです(候補はありますが、まだ迷い中)







先週末のこと。。。
夫と劇団四季のミュージカル「アラジン」を鑑賞してきました。
劇団四季は、若かりし頃、友達と行って以来、、、(その年数を振り返り、ゾっとしちゃたわ)



IMG_8700.jpg


子どもの頃から大好きなアラジンの物語が、生の舞台上で繰り広げられるとどんな感じだろう、と楽しみにしていましたが、ものすごく感動してきました。

美しい歌声とダンス、煌びやかな衣装、シーンごとの舞台装置、どれをとっても素晴らしく、ミュージカルってこんなに楽しいものなんだ!と今さらながら思いました。
憧れの魔法の絨毯も本物みたいで、うっとり夢空間に浸れました。

ディズニー映画で観たジーニーのコミカルな調子が舞台でも炸裂で、たくさん笑ったし、演じた俳優さん素晴らしいです。
こうしたゴージャスな舞台に免疫のない私は、何もかもが驚きでした。

↑ 画像はロビーにある魔法のランプ、開演前も終演後も記念撮影している人でいっぱい、、人が入れ替わる(ランプと一緒に撮るのに)タイミングでなんとか1枚撮れました。


舞台、いいですね、このような体験をもっとしていきたいなと思いました。




  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2015 週末台湾旅・part3 淡水散策 :: 2015/10/15(Thu)

(更新しそびれていた台湾旅日記の続きを2016年5月に再開)


旅の2日目、ホテルのビュッフェで朝食を摂り、ホテルから徒歩で行ける地熱谷へ。


IMG_8262.jpg

泊まったホテル(ロイヤルシーズンズ)の脇へ入ると建物と建物に間に階段が、、ここを降りて行くとすぐ地熱谷入り口の側に出てきます。



IMG_8282.jpg

真ん中が出てきた階段。




IMG_8264.jpg

新北投駅から歩くと少し距離があるので暑い時期なんかは大変ですが、温泉地ならではの景色がみられます。
朝早いので人もまばら、朝の空気が気持ちいいです。




IMG_0023 (1)

硫黄のにおいと、もくもくと立ち上る煙、まさに温泉地という感じ。
この地熱谷の岩石、放射性元素「ラジウム」が含まれた北投石はここと秋田県の玉川温泉にしか存在しないそうです。


IMG_8269.jpg

天気がいい日に地熱谷、太陽の日差しと湯煙に包まれました。

この後は駅へ移動し、MRTで淡水へ。


淡水は初めて台湾へ来た際、一番最初に訪れた思い出の場所。
その時は対岸へ渡って時間を使い、河沿いしか歩かなかったので、今回は街中を散策。

駅から歩き出してすぐ、動物などの大きな張り子が付いた山車が道路にいくつかあり、今日は何かお祭りがあるらしいことを知る、面白そう。



IMG_0049.jpg

どなたかのブログで知った老舗のお菓子屋さん、月餅などの伝統的なお菓子などがたくさん並んでいました。
試食もできるし、さほど広くない店内はお客さんでいっぱいでした。
月餅と他の種類のお菓子を3個ほど買って、旅の最中のおやつで食べました(中の餡とか全然どんなのを選んだか覚えておらず、、)




IMG_0052.jpg

築100年以上の赤レンガの建物を利用したカフェの入り口、オープン前だったけど、建物とそこから見える景色を目当てに階段を登って行ってみました。




IMG_8323.jpg

近すぎて全体が入ってないけど、古い建物だとわかります。
小高い所にあるので、静かに過ごせそう。

ここで夫が発見したねこちゃんを追いかけ、しばし細い路地へ消える。。。



IMG_0067.jpg

眺めはこのような感じ、カフェの2階3階からならもっと眺めが良さそうです。
夕暮れ時に来たかったわ。



IMG_8348.jpg

バスで移動して紅毛城へ。

紅毛城は外壁が覆われていて修復中?のようでした、画像はその奥にある旧イギリス領事館。
ここもまた眺めのいい建物。




IMG_8405.jpg

再びバスで移動し、淡水河河口の観光スポット、漁人碼頭へ。
夕日が美しいと評判の人気スポットなので、週末や時間帯によっては大変混むようです、、この時は人が少なかった。
真っ白な情人橋は夜にはライトアップされて、若者で賑わうようです。




IMG_8397.jpg

夕日を眺めに再び訪れたいな。




IMG_8429.jpg

途中でお昼を食べて(牛肉麺、水餃子など)駅の方へ戻ってくると、午前中に見かけた山車とカラフルな衣装に身を包んだ人たちがわんさか道路でスタンバイ。
しばらくパレードが動くのを待っていましたが、なかなかスタートせず、その場で楽しそうな動きはしていましたが。




IMG_0118 (1)

初めて来た時に見た河沿いの景色を見て、淡水いいなぁと思いました。
台北の街の賑わいから少し静かに過ごせる穏やかさが対岸の山や大きな河から感じられました



IMG_8493.jpg

新北投に戻って、月琴民謡祭へ。
この日は野外の演奏会でした、司会者が盛り上げながらアーティストを紹介、月琴で演奏されるさまざまな曲を楽しみました。













  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
2015 週末台湾旅・part2 :: 2015/10/13(Tue)

旅の目的であった台湾月琴民謡祭が開催される新北投に宿泊しました。

ホテル探しは出発の2週間前くらい、、、最初、私が検索して見つけた雰囲気抜群のホテルは1泊2万円以上、夫に高いね、と言われ、二人で再検索。
結果、民謡祭を催す北投温泉博物館近くの皇家季節酒店(ロイヤルシーズンズホテル)に決めました。

私は、昼間は近場を観光し、夜は民謡祭、とかなりのんびりな予定でホテルを探したけど、夫は遠出を考えていたようです。
ホテルでゆっくりするなら、少しはお金をかけてもいいと思えるけど、ほぼ眠るだけなら多くは求めずお手頃に、、(リッチなら別だけどw)



IMG_8183.jpg

新北投に向かうMRTに乗り換える駅、北投に降り立つとすでに温泉地を感じさせる硫黄のにおいが!
北投から新北投へは一駅の短い支線、スピードがゆっくりで観光地へ向かう演出が、車内設備とともに感じられました。



IMG_8192.jpg 新北投駅

駅を出て、温泉が流れる川沿いの坂道を観光スポットを確認しながらホテルを目指す。
素敵な建物の図書館、温泉博物館、温泉親水公園などを眺めて歩き、二股になったところでホテル側の道へ入ると、傾斜がキツくなる、、ここを毎日上るのかぁと少々焦ったけど、ほんの1、2分程度でホテルが見えてきた、ここにしてよかった!




IMG_8206.jpg

事前に見ていたひと昔前のゴージャスな部屋の内装を醸す雰囲気が外観にもある、、でもキレイ。
ロビーも広くて、お部屋への期待も高まりました。

傾斜にあるホテル、私たちはロビーより下のフロアでした(台北ナビの2008年の情報によると、このフロアは日帰り温泉の個室と書いてあった、、それを宿泊用に変えたのかしら?)

部屋へ入ると軽い衝撃、今までにないくらい狭い!でもお風呂は広い!こんなバランスの部屋は初めてでした。
部屋の写真を撮るのも忘れて、まずはお風呂にお湯を貯める、、このホテルは大浴場はなく、お部屋で温泉に入れます。

丸い石の浴槽にゆっくり浸かりながら、この日の疲れを解消してさっぱり。
部屋にはいろいろ突っ込みどころがあるのですが、お風呂は気持ちよかった、、入浴後は部屋全体が湿気に覆われ、苦笑するしかなかったなぁ(不思議なことに翌日の入浴後は初日ほど湿気がこもらなかったけど、ナゼ!!)



IMG_8218.jpg

IMG_8233.jpg


夕暮れ時の散策も気持ちがいい、駅近くのお店で腹ごしらえをして、温泉博物館へ。



IMG_8249.jpg

温泉博物館の畳敷きの広間での演奏会でした。
後で知ったのですが、この日は台湾月琴の故郷といわれる恒春から来た方達の演奏だったようです。
2時間くらい聴いて、まだ終わらなそうだったので、温泉博物館を後にして、ホテルに戻りすぐに爆睡。。。

初日は雨予報でしたが、一度も雨に降られることもなく、湿度は高かったけど暑くなく、歩きやすかったかな。
翌日からは、晴天で暑い台湾を体感してきました。


つづく。



  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
2015 週末台湾旅・part1 :: 2015/10/07(Wed)

先週、金曜の早朝便で2泊3日の台湾旅へ行ってきました。
今回は台湾月琴民謡祭を観るのが目的だったので、新北投の温泉地に泊まり、3夜鑑賞してきました。

何度行っても、街や人の生活の風景がエネルギッシュに映り、時にのどかで居心地がいい台湾、訪れる場所ごとに印象が深く残るので、台湾旅はやめられない。
次もあるさ、と今まで以上に下調べせずに出発して、かなりのんびりとした旅になりました。

そういえば昨年12月の旅の記録が途中になってますが、今回の旅を先に綴っておこうと思います。





昨年夏に東京(羽田)ー台北(桃園)線が就航したLCCのPeachを利用、9時半に桃園国際空港着。
空港でプリペイドSIMカード(3日間)を購入し、準備はOK
バスで台北駅に移動し、コインロッカーに荷物を入れ、MRT板南線で府中駅へ。


IMG_8094.jpg

台湾に行く時は必ずお世話になる本、台湾のたびしおりで気になっていたローカルな黄石市場へ行きました。
11時過ぎに最寄り駅の府中駅に到着、黄石市場へ行かれた方のブログを参考にしたので迷うことなく到着。
お目当てのお店には人が集まっていてすぐにわかりました。

屋台が二つ並んでいて、どちらも食べたいので、夫と分かれて注文、、、お店の人は私たちが二人連れだともう一方の屋台の人に伝えてくれて、並んで座れる席を指示してくれました。


IMG_8096.jpg

なみなみと盛られたイカあんかけ。
見るからにうまそ〜!
熱々のぷりっぷり、甘酢っぱいスープがウマい!

持ち帰り用は、そのままビニール袋に入れます、ワイルドね。


IMG_8097.jpg

大根もち、タロ芋コロッケ、もち米の腸詰め。
ボリューム満点ですが、おいしくてペロリとたいらげた。

屋台の後ろがテーブル席で、じゃんじゃん作るあんかけ鍋の火力がすごい、熱気ムンムン。
さっそく異国へ来たこの感じがたまらない。



IMG_8113.jpg

お腹がいっぱいになったので少し歩こうと、近くにある国定古蹟の林本源園邸・林家花園へ。
邸宅見学は時間が決まっているらしいので、庭園を散策してきました。

思ったより広い庭園で写真を撮りながら、そこそこ歩き回り、お腹も落ち着いたので、他のお店でも食べて行くことに。


IMG_8167.jpg

IMG_8165.jpg

黄石市場を訪れた方のブログで紹介されていたお店を見つけたので、入ってみました。
油飯(おこわ)とイカのすり身団子のスープ。
安くておいしいものを頂く時って、幸せ感じます。


黄石市場は、地元の生活に密着している雰囲気でした。
狭い市場の路地でもバイクは続々とやってくるので、気をつけながら歩くことになりますが、そうやって練り歩くのも楽しかったです。

この後は宿泊する新北投へ移動、、、つづく。




ayacoさんの本掲載のお店、今まで行ったとこは全部美味しいです!







  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:0