sweet&sweet




小物入れとHitofudeカーデ2枚目スタート。 :: 2015/08/23(Sun)




かぎ針で小物を編むのに少し飽きてきたタイミングで、本の返却期限がやってきた。
最後に編んだのは、形と大きさが気に入った小物入れ。
キッチンにあるスチールシェルフの引き出しの中にて、排水口の水切りネットを入れるのに使っています。

糸は編んで使えるアイテムとしてなかなか形にできなかった、かわいらしい黄色のボットボアラのオーロラバルキー、ニット帽を編んで、ほんの少し余っていたQuince&Co.のOspreyを使って編みました。
両糸ともまだ1玉半と1カセ残っていますが、残りもそのうち小物で使い切ろう。







IMG_7636.jpg

とじる部分を直したポットホルダー、あまりキレイな仕上がりじゃないけど、正しいとじ方にして使いやすくなりました。
毎朝、コーヒーを淹れる時に使用しています。




IMG_7659.jpg

そして今は、秋冬物を編み始めました。
まずは手持ちの糸を使うことを考えて、Madelinetosh(Tosh Merino Light)で2枚目のHitofude Cardiganをスタートしました。





ただ残っていた1カセちょっとでは足りないので、2月に編んだPolarisを解く予定。
編んだばかりなのに解こうと思った理由、色があまり似合っていないと感じる(糸選びの時に考えて買ったもりだけど、、)
他に、丈が少し短いので編み足そうと思っていた、脇のところもあまりキレイじゃないので気になる、など満足いってない面がある。
デザインはとても気に入っているので、違う色でまた編みたいです。

最近の片付けの影響で、あまり出番がない(なさそう)ニットは、持っていたくないという気持ちがあるので、素敵な糸は早めに再生したいです。
編んだ時間を無駄だとは思わずに、編んだ経験の方を大事に思えばいいかーと思っています。


これから編む秋冬ものは、自分に合う色を考えて、どんな形が欲しいかを考え中です。
頭の中では、3着ほど欲しいアイテムが浮かぶのですが、一冬で編める数は2枚くらい?
欲しいを順番を決めてから、糸を買う計画を立てたいと思います。


ちなみに色が似合わないと思ったので、他のデザインでも自分にはどうかな?と思うところがあるので、この Hitofudeは母に着てもらおうかなと思っています(予定ね)



スポンサーサイト
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
北欧テイストのキッチンこものから、3点完成 :: 2015/08/19(Wed)




ただいま半端糸消費中。

図書館で借りてきた本北欧テイストのキッチンこものが役立ってます。

かごカバー、ドイリー、ポットホルダーの3点を編みました。






IMG_7611.jpg

細い糸はかぎ針下手がわかってしまう、、、形がキレイじゃないですね。
本ではフラックスKを使用していて、私のはフラックスCで編んでいます。

これは台湾の電鍋カバーとして、使っています。


IMG_7620.jpg

本のドイリーは、小さめサイズだったので、糸を使い切りたくパプコーン編み部分を2回増やして少し大きめに編みました、、でも少しだけ余ってしまった。
コットンソフトを使用。

使い道を考えてから編むべきですが、これはどう使うか決まっておらず。。。







IMG_7630.jpg

ポットホルダーの黄色は極太、水色は並太と中細の2本どりで厚地なので、熱くなることなくポットを掴めそうです。

ただ、仕上げの工程で、長方形に編んだ編み地を裏側に折り返して引き抜きはぎするところ、間違えて中表にして引き抜きはぎをして、編み地を返し、分厚いマチができてしまいました。

これでも使えるけど、見た目がよくないので、仕上げ部分を編み直そうと思います(早く気づいてよ〜)



  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
片づけをして持たなくなったもの :: 2015/08/17(Mon)


毎週のようにゴミの日に不要になったモノを出しています。

少しずつ処分しているせいか、目に見えてモノが減ったーとあまり実感がないのですが、それぞれの収納場所を見ると余裕ができて、確実にモノの出し入れがラクになったりしているんですよね、、、、


シンプルな生活を送る人や目指している人が思考し、当たり前のように使っているモノを見直し・減らすことを、私も考えるようになり、減らしたモノがあります。


それは水切りカゴ。
狭いキッチンの作業台の半分を占めていても、無くすことを考えたことがなかった。
そろそろ買い替えたいな、から、これが無かったら調理しやすいな、と思い始め、使っていない人たちもいることを知り、自分もやってみようと思いました。

カゴがない分、洗った後もわりとすぐに拭くようになり、見た目がスッキリ。
洗いモノを片づけても水切りカゴがあると、それだけで存在感があるから、印象はかなり違う。

最初はタオルで代用していたけど、ビシャビシャになるので、吸水性の高いディッシュマットを買いました ↓


 


IMG_7303.jpg 

洗いものを拭いた後はマットを干しておく、洗い替えにもう1枚ある方がいいかな?と思ったけど、毎日洗って乾かして使用できています(替えがあるとそれをしまうスペースが必要になるから1枚の方がいいのかも)

広げると調理台がほとんど埋まります、柔らかいので半分に折っても使えるし、大きさに不便はありません(洗って干している昼間は一人分の食器なので、乾いた布巾で)



これに味を占め、調子の悪くなってきたトースターも無くせるかと、何回かガスコンロのグリルでトーストしてみたものの、焼き加減が難しい、、1枚ずつなら端が焦げることなく焼けるのですが、1枚ずつは面倒くさい(意外なことに匂いがつくことはありません!)

置くスペースはあることだし、トースターは先日の楽フェスで買い替えました ↓




文字の入っていないシンプルなものがよかったけど、お手頃な価格帯が希望、タイガーのトースターのアイボリーにしました(画像はシルバー)
ホワイトだと思って購入したけど(ポチっとした時、呑んでいた)アイボリーだった!
届いた時は少し気になったけど、もう全く気にならないです。



8月に入ってからキッチンから無くなったもの。

水切りカゴ
アクリルのケーキカバー(ほとんど使わなかった)
すくいっこレードル(もうベーグルは作らないかな)
ワインラック(買ったらすぐ飲むので出番が少ない)
ル・クルーゼ(10年以上使用、一度焦がしてから徐々にホーロー面が劣化した為)
ガラスの蓋つきジャー2個(いつからか使っていない)
スープジャー(いつからか使っていない)
LAKEN水筒(洗いづらい形、長く使っていない)
野田琺瑯 保存容器(落として表面が大きく欠けた、これは買い足すかも)


以上。
こうしてリストにしてみても、手放して後悔しているものはなく、使っていないものに関してはよく長年しまっておいたな、という気持ち。
いつか使うかも?という不安が持ち続けた理由なんだけど、やっぱり「いつか」はやってこなかった。

日常が少しでもスムーズになっていく成果に喜び、今後も続けていきたいお片づけです。





  1. こんまりさん(片づけ)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
余り糸を使って、小物入れとネットバッグ :: 2015/08/16(Sun)


先日、夏休み中の姪と甥たちに会いに義姉宅へ遊びに行くのに、姉がちょっとかぎ針編みをしたいということで、図書館で基礎本とかぎ針本を借りて持っていきました。

いざ質問されると、アレ?どうだっけ?となったので、基礎本を見ながら確認、姉はすぐに編めるようになってました(基礎本借りて行ってよかった)


借りてきた本↓からよさげな小物がいろいろあるので、日傘カバーから引き続き、かぎ針編みをしています。



 楽天ブックス



IMG_7589.jpg 

アンダリヤの余りでカラフルバスケット(本ではハマナカ コマコマ使用)が完成。

コロンとした形がかわいい小物入れができました。
少しずつ余っていた未使用分と解いてウェーブがついた糸も使って3つ完成、きっちり使い切りました。


IMG_7593.jpg

本のように折り返して浅型に使ってもいいし、折り返さずに小さい編みかけを入れたり、軽いから安定感ないけど、毛糸だま入れとして使おうかと。。。


IMG_7585.jpg

1つ目完成した時に次のアンダリヤを入れて編んでました。


IMG_7602.jpg

今はフラックスCで、かごカバーを編んでいます。
もう1つには、よく使うブロックメモ帳とボールペンを入れてみた。



IMG_7595.jpg

Hitofude Cardiganの余り、SHINYでネットバッグ(本ではハマナカ 亜麻糸)
玉ねぎやにんにくなどの野菜ストッカーにも便利、と書いてあるけど、入れる野菜がなかったので、洗濯ネットを入れてみました。


IMG_7598.jpg

今までは1つの洗濯ネットにまとめて入れて、ぶら下げていました。
出し入れしやすいかは微妙な感じだけど、ま、そんな面倒でもなさそう。


使い道なく残っていた糸が形になると嬉しいものです、、余り糸は沢山あるので、この本からいろいろ編んでみようと思います。
さて、どのくらい減らせるでだろうか。。。


使った糸たち。

  






  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
SOPHIEで編む 日傘カバー完成 :: 2015/08/14(Fri)


この夏、長年使用した日傘を買い替えたところ、欲しくなったアイテムがありました。
今までの折り畳み日傘をバッグに入れておくのと違い、荷物が増えた時に一緒に日傘を持っていると動きづらい、、、(ま、雨傘の時と同じなんですが)

日傘カバーで検索すると、Amazonでメルスリーエフさんの日傘カバーキットがあったので、コレ!とすぐに注文。
入荷予定が半月〜1ヶ月と返信がきた時はガッカリしましたが、注文後5日で届きました。




色がいろいろあって迷いましたが、落ち着いたチャコールメランジを選びました。



IMG_7570.jpg

すぐ編めるかな?と思ったけど、たまに編むかぎ針編みは、編み図の見方でけっこう迷い、のろのろ5日間かかりました。
1段ごとに違う模様で、凝った模様です。
もう少し単調でもよかったけど、アレンジ能力もないため、頑張りました。

変更点は、最初の長編みの部分を1段多くして、自分の傘の長さに合うようにしました。
最後の方でピコット編みを忘れた箇所があったけど、そのまま進めました、あとは編み図通りに編んだと思います(たぶん)


IMG_7582.jpg

これで手荷物が増えても、日傘を肩にかければ(斜めがけもできます)スムーズに買い物できそうです。
ちなみに入れる時に模様の穴に先端が引っかかったりで、そこはスムーズじゃないかも。



IMG_7572.jpg

先日、カーディガンを完成させて、これで夏の編みもの終わりかな〜と思ったけど、まだ楽しんでいます。
冬糸に移る前に、エコアンダリヤも一度は編みたい、と思って余り糸を使って編んでいます。
SHINYの余りでネットバッグも編んだし、 こちらのSOPHIEの余りも使いきれたら〜と考えています。
余り糸が増えてゆくばかりなので、在庫が増えすぎないように使い切ることを心がけたいです。










  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
[本] 服を買うなら、捨てなさい を読みました。 :: 2015/08/11(Tue)


IMG_7558.jpg


服を買うなら、捨てなさい刺激的なタイトルで、気になったので買いました。

服に関しては、ほぼ不要な服は処分したと思っているので、本の帯にあった「何を買えばいいのかがよくわかる」というフレーズに惹かれました、この本を読めば、誰でもそれがわかるのかしら?と。


片づけはマインドが9割と、こんまりさん本でも言ってたけど、自分自身の最高のワードローブを手に入れる、という目標に関しても同じことが言えそうです。

まず、多くの人の根底にあるファッション観を正してくれて、いらない服とお別れする方法、理想のワードローブ大検証、買い物の注意点などの流れで、次々と先を読みたくなりました。

ファッションを語る本においても、増やすことの不便さ、減らすことの便利さ、シンプルに生きる時代、などの言葉に、モノを減らし気持ちよく暮らしたいと求めている人が大勢いるんだろうなって感じました。
これも一種の流行りなのか?・・・でもモノや服を減らした後に、再び管理しきれないほど持ちたいとは、ほとんどの人が思わないか。


印象に残ったフレーズ、おしゃれな人はワンパターン、、、なるほど、その人の「スタイル」が出来ているということ、自分の好きなものがわかっている人ということ。
街で見かける素敵だな、と思う人は、シンプルで自然に着こなしてる雰囲気の人、、、そう見えるのは、その人のスタイルが完成していて、好きなモノを身につけている心地良さ、自信のようなものが滲み出て、伝わるのかも、、、


理想のワードローブを作る4つの要素、これを参考にできれば、いいなと思いました。
そう難しいことが書いてあるわけではないけど、自分になかった感覚があるので、繰り返して読んで念頭に置いておきたい。

例えば、、、

キーワードは「今」
今の行動範囲、今の生活様式、今の時代の気分

「今週2回以上着たい服」

何回も着たいということは、自分に似合っているという自信が前提に成り立つものだね、選ぶ基準で大事なポイントだとわかった。
今まで、パッと見いいな〜、とか、こうゆうのを着てみたい、と軽い感覚で選んでいた、と思いました、後から着る服がない!と嘆くわりに慎重じゃなかったというか。

40代に入って、ますます着るものに悩みそうだったけど、この本で意識をしっかり持ち、好きなものを極め、じっくりバランスを考えて選び、自分自身のスタイリストになることを目指したい、と思いました。


一度読んだ簡単な感想ですが、読みやすかったし、繰り返し読みたい本でした。








  1. | trackback:0
  2. | comment:0
Broken Seed Stitch Socks・2 完成&着画 :: 2015/08/06(Thu)




7月初旬にスタートして、暑さと編むのに飽きてしまい、少し間をおきましたが、2足目のBroken Seed Stitch Socksが完成。
結局、猛暑日続きの28℃設定の部屋で編みました、手が汗ばむこともなく快適に編めました。






IMG_7505.jpg

今回は糸の編み始め部分を間違えて、左右の柄の出方が違いますが、そんなにトーンが変わらないので、これでいいかなと編み進めました。

かかと、つま先の編み方が自由なので、過去に編んだ靴下との組み合わせで編んでいます。

この靴下を編み始めた時、自分の手編み靴下の数を確認すると5足あったので、母に編むことにしました。
頼まれてもいないけど、かわいい!と喜んでもらえるかしら?
母は70歳ですが、家で履くのに楽しい気分になっていいよね、、、



ピエロさんのマルチカラーとソリッドで編みました↓
マルチ18g、ソリッド27g使用

   



IMG_7519.jpg

母用だけど、着画も撮りました(洗ってから渡します)
足のサイズが小さいので、私が履くとピチピチです。
たぶん、母にぴったりのサイズに編めていると予想しています。


さて、次は何編もうかな、、、
先日、欲しかったキットが見つかったので注文したんですが(amazonに)、入荷まで半月〜1ヶ月かかると返信が。
手に入らないような気がする、、すごくざんねん。



  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Hitofude Cardigan完成・着画 :: 2015/08/01(Sat)




Hitofude Cardigan完成。





前回のHitofude Cardiganの更新後、何度か身頃の長さを確認するのに羽織ったところ、、、、やっぱり肩周りがキツイ、このまま完成させても着れないぞ、とようやくギモンに思い、袖をとじる前まで戻りました。
なぜかあの時は、これでイケる(着れる)と即座に判断してしまった、暑さのせいでしょうか、、(そうじゃない)

というわけで、身頃下部は約2着分編んで、昨日完成しました。
水通しをして、目も整い、他のパターンで手こずったSHINYでしたが、形になってよかった。





SHINYを2本どり、3.5mmの輪針で編みました。
約150g使用、作り目はSサイズで。
完成後に測ると、だいたいXSのサイズでした。
糸代、パターン代ともにお手頃でした。



IMG_7420.jpg

デザイナーのFukatsuさんの作品は魅力的で、いくつも編んでいますが、今回も編むのがとても楽しかったです。
なんと言っても、糸を1度も切らず一筆書きのように編めるなんて、嬉しすぎ。
平らに編んで、袖をとじる箇所もあるのにね、私の頭ではどうやったって、想像できない展開でした。

この工程をもう一度なぞりたいので、続けてもう1枚編みたいくらい。



IMG_7429.jpg

程よい身頃のドレープ、広げるとたっぷり。
それでもコンパクトにたため、重くないので、バッグに入れて持ち歩きもできます。
連日の暑さで、外と室内の温度差が激しいので、このくらい袖があるのと重宝しそうです。

夏用はこのカーディガンを編んで終わりでいいかな?と思っていたけど、ひとつ欲しいと思う夏のアイテムが出てきたので、キットを注文。
それが届くまで、SHINYの余り糸の使い道を考えようと思います。







  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:4