sweet&sweet




秋冬の編みもの計画 :: 2014/08/25(Mon)

台湾旅行記を一旦休んで、編みもののこと。

ちょっとだけ秋の気配を感じられるようになってきて、編み物本の新刊も発売され始め、ブロガーさんのブックレビューなど楽しませてもらっています

8月初旬にエコアンダリヤでミニバッグを編んでから、秋冬ものに移りたく、のんびり検討していました。
ショールが欲しいなぁと思ったところ、素敵パターンを見つけたのでそれを編むことにしました。


日本人ニッターさんデザインの Banana Leaf Shawl
作品名通り、バナナの葉のような地模様がステキなシンプルなショール、薄手で大判、とても使いやすそうで一目で気に入りました
編んでおけば、涼しくなったらすぐに巻ける!






既にたくさんの方が編まれていて、それぞれ色とりどりのショールが美しいです。
私にも素敵なショールが編めますように!

今週は編む時間が取れないので9月からのお楽しみということにしております


ショールを編んだら、次に予定しているのはボランティアニット。
ポプラさんにて、お買い得な毛糸を注文しました。
去年は小物だけだったので、今年はセーターを編もうと思っています。









michiyoさんの新刊を本日、本屋さんでチェックしてきました。
モヘアのプル、レギンスやスカートが魅力的でした。
他にも小物が可愛かったので、買おうか迷いましたが、本の購入はなるべく抑えたい。
今後の編むものが少し決まっていることだし、他にも気になる新刊が出てくるので、それから考えることにします。


表紙がかわいい、タイトルも覚えやすい!
私が寄った書店では平積みになっていて、残り3冊でした。
横に並んだ本との段差が大きく、michiyoさんの新刊は出だし好調とみましたよ。
















スポンサーサイト
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
台湾旅 2014夏・台南 part1 :: 2014/08/24(Sun)

台湾2日目は台南へ。
台湾の古都というだけあって、歴史や文化発祥の地を巡るには1日では全く足りなかった。
初めての台南は、絶対また訪れよう!という気持ちになる魅力あふれる都市でした。


5時起床で6時半すぎの高鉄(新幹線)で8時過ぎに台南到着。
ここから街の中心部へ行く無料バスに乗りましたが、降りる場所を間違えた。
街中だったけど、分からないのでここからタクシーを使って、安平地区へ。


観光スポットである安平古堡の文字を指してお願いするも、タクシーの運転手さんは行き方がわからないらしく誰かに電話、それが繋がらなくて、窓を開けて信号待ちのバイクの女性に声をかけるも、青信号で行ってしまう。
最後にナビに入力していざ出発、なんか順番ちがくない
その後、かけた相手からの折り返しの電話か、その人と豪快な音量でずっと話していたのにちょっと驚く


無事到着、安平は台南で最初に開けた街だという。


IMG_0218_2.jpg

最初は 安平古堡 へ。
1624年、オランダ人が築いた城塞跡。

IMG_0220_2.jpg

IMG_0223_2.jpg

IMGP1760.jpg

IMGP1763.jpg


長い年月を経て、城壁は一部残っている感じ、画像の白い展望台は観光用に建てられたものらしく、その隣には日本統治時代の税関宿舎を改築した建物が資料展示館として残っています。

不思議にからみあう植物とレンガ、そして空がきれいな風景だった。 




IMG_0247_2.jpg


IMG_0249_2.jpg


安平古堡の側にある海の守護神とされる媽祖を祀る豪華な廟。
台湾各地にある媽祖廟の中でも最も歴史が古いらしい。

獅子に皆、プレゼントのようなリボンがかけられていてなんとも可愛い。




IMG_0243_2.jpg


ルーレットでアイスの数が決まる楽しい屋台(最低2球、最高5球)私の前の人たちは皆2球(個)だった。
私の番、お姉さんが盤を見て、盛ってくれたのは5球。
ん?当たったの?ランプは2カ所点いてたけど、写真でみると他の人も点いてるし、、、お姉さんが笑顔で渡してくれたので、サービスだったのかしら?
こちらも笑顔でお礼を言って、いただきました。



ここから腹ごしらえ。
チェックしていたお店へ行ってみるもそれらしき店が無い。
今回、雑誌に載っていた地図をコピーして、気になる店をいろいろ記入して行ったんだけど、その地図がイマイチ簡易的で失敗でした。

ま、こういうことも旅のひとつ。
目に付いたお店に入る。

台湾一周!安旨食堂の旅で知った台南の伝統的な朝ごはん、牛肉湯とご飯を食べる。
器に入った生の牛肉に熱々なスープをかけた牛肉湯、台南近郊には牛の解体場が多くあり新鮮な肉が入手出来るそうだ。

肉は熱々スープで火が通り、柔らかく食べやすかった。
千切りのショウガや醤油のからんだ薬味?を足していただく、シンプルながらも味わい深い1杯、お店によってスープや肉の鮮度とかで差がつきそうな食べ物です。

帰り際、台湾語でありがとうを伝えると、お店の人が一瞬止まったような気がした、そしてパっと笑顔になって向こうからたくさんお礼が返ってきた、私の発音が微妙でも、気持ちが伝わったかな、と嬉しくなった。




IMG_0235_2.jpg

IMG_0236_2.jpg


次にオモロイ台南に載っていたお店で蝦捲(エビ巻き)とそれのかきバージョン、台南で多く養殖されている白身魚のサバヒーのスープを食べる。

エビ&カキ巻きは、揚げ置きしてるものだったのが残念。
サバヒーは、味が初めて感が強く、魚の身にこんなに甘みがあるのかと驚いた、団子になっているからいろいろ入ってるのかしら?これまた店によって差が出そうです。
このお店は安平で大人気と書かれていたけど、揚げたてじゃないのもあり、普通という感じでした。




IMG_0266_2.jpg

IMG_0241_2.jpg

移動前にもう一軒、同記安平豆花 へ。

定番の小豆がのった紅豆豆花、なんともなめらかな豆花にやさしく広がる小豆の甘み、疲れを癒してくれた。
30元(約105円)でこんな美味しいデザートが食べられるなんて!一人ひとつでもイケたかも




この本で牛肉湯やサバヒーを知り、興味がわきました。
次回は掲載されたお店へ行ってみたい!! 





たくさんの食べ物のイラストと説明書きにいろいろ食べたかったけど、全然食べれていない。
漫画で描かれているちょっと笑ってしまうエピソードの場所に遭遇すると嬉しくなってしまう 




長くなるので台南 part2 へ続く。




  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
台湾旅2014夏・高雄 :: 2014/08/22(Fri)

台湾旅行から帰ってから、ずっと暑さキビシく、連日用事を済ませたりであっという間に数日経過。
そろそろ旅の記録を残していこうと思います。





出発前の緊張が、台湾に到着すると同時に不思議と無くなります。
小心者の私でも台湾は緊張感いっぱいにならず歩けるのが好き(そうは言っても外国なので最低限の緊張感は持ってます)


今回のパックツアーは空港から免税店などの寄り道がないので、ホテルに送ってもらった後すぐに荷物を預けて、出かけました(午前着の為、チェックインはまだできない)

初日から台湾の新幹線、台湾高速鉄路を使って高雄へ行きました。
(乗る前にフリーパスを入手する場所を確認不足でわからなくなるというミスをして、お得なフリーパスを利用せず乗ることに予定よりかなり多い出費となった


各駅停車で2時間で高雄に到着。

IMG_0110_201408221348580ae.jpg


高雄の様子を上から眺めようと 高雄85大楼 の展望台へ。

この日は土曜、展望台に来ている人の少なさにやや驚く。
8月1日に起きたガス爆発事故、旅行の直前には台湾南部で大雨など、心配なニュースが続いてた影響もあるのかな。

ガス爆発事故はショックでした、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
義援金の受付が高雄のファミマのfamiポートから出来るというので、操作手順をコピーして行きましたが、トップページからその項目が見つけられず、、、
日本からでも募金が出来る方法があるので、後日します。



IMGP1681_201408221350333ed.jpg


港町の高雄、上から見ると港の大きさがわかります。
今回は時間が足りませんでしたが、次回は港町風情を味わいに細長い島、旗津へも行きたいと思いました(画像奥が旗津)



IMG_3585_20140822135031e81.jpg


暑い時期の徒歩移動はキツいけど、高雄85大楼から歩いて台湾最古のカトリック教会 玫瑰聖母堂へ。



IMGP1689_201408221350355a6.jpg


離れて見ると、こんな所にあるんだ〜という風景。
歴史ある建物が残る風景って、古くなった味わいがそう思わせるのか、知識はなくとも何か考え深くなります。
とか言いつつ、道路をビュンビュン行き交うバイクの多さを見て、すぐに現代の風景の虜に




IMG_0134_2_20140822134900b77.jpg


教会からすぐの 愛河 沿いを歩きました。
ここ周辺で食べたり、見たりの予定を立てていましたが、時間をロスしていたのでいろいろ省くことに。
歩くの好きだけど、時期的にも距離的にも限界ありました。
また訪れることを願ってのんびり散策。




IMG_0137_2.jpg


台湾ビールが飲みたくて、愛河沿いに並ぶお店に立ち寄った。
外に席がたくさんあって、ステージもあり、夜は歌のショータイムがあるらしい、夜に来たかった〜
ビールとセットで遊覧船のチケット買うと安くなるというので、お願いした。
この時のやりとりは英語、英語ですら危うい私たちは少々焦る、、、語学ができると世界が広がるな〜っていつも思う。

遊覧船は夜がキレイだよ、と勧めてくれたけど、時間がないのですぐに乗ることに。
私たちの乗り場は途中乗船らしく、席は真ん中、ガイドさんの説明は残念ながら全くわからない、それでもゆっくりと異国の河を漂ってきました。




IMGP1701_20140822135037287.jpg


私たちが乗った対岸が船着き場だったので、そこで降りました。
降りようとすると、ガイドのお兄さんがここでいいの?って確認してくれました、親切です。
夕暮れ時で、いい雰囲気。





IMG_0162_2.jpg


MRT(KRTS)の切符の買い方はタッチパネルで簡単。
トークンを改札でタッチするんだけど、初乗りの時、ブ、ブーと鳴って改札が開かない
窓口へ行って交換してもらいました、焦ったわ。




IMG_0164_2.jpg


美麗島というその名も改札口も美しい駅で下車。
六合夜市へ。




IMGP1714_20140822135158072.jpg

夜市の風景、これからどんな美味しいものと出会えるかと思うとワクワクします。



IMGP1717_201408221352001c5.jpg 

IMGP1720_20140822135201d9d.jpg


まずはパパイヤミルク。
チェックしていたお店は立ち寄れなかったので、賑わっていたこちらで買ってみた。
とっても美味しいー!!
まろやかで飲みやすく、後味もスッキリ。
どことも飲み比べしてないので、パパイヤの濃さはどうだろうって感じだけど、とても気に入った味でした。


食べ物は、麺線(とろみあるカツオだしスープにそうめんのような細い麺)阿仔煎(牡蠣オムレツ)四神湯(モツやはとむぎが入ったスープ)米糕(魯肉飯の餅米バージョンに肉でんぶがかかっている)などをいただきました。

食べる気満々でも、すぐにお腹いっぱい。
普段、食べる量のコントロールができて胃が小さくなってる気がします、こんな時は非常にざんねん。
必然的に一カ所で夫の食べる量が多くなるので、夫もそこそこいっぱい。

六合夜市はチェックしていなかったので、どこの何が美味しいとか情報持たずに行きました。
偶然食べて、美味しい!!と思える屋台に出会いたかったけど、今回食べたとこは普通でした

朝3時半起き、ハプニングがあったり、蒸し暑い中歩いて疲れ、明日も早いので、この日は早めに台北に戻ることにしました。
帰りは1時間半ちょいで、22時すぎに台北車站着。
ホテルは西門にあり、タクシーで100元(350円くらい)で到着、タクシーは安くて利用しやすいです。

初日はバタバタだったけど、翌日はどうなるか、少し心配しつつ眠りにつきました。


簡単な文章のわりに画像が多く、長くなりました。
お付き合いありがとうございます!!
2日目は台南巡りです




  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
旅の準備、台湾へ。 :: 2014/08/12(Tue)





少し前にブログで、安いツアーが取れなかったから諦めた。と書きました。
しかし、夫が諦めていなかったようで、お得なツアーを見つけて連絡してきた。
急で少し迷ったけど、旅は行けるときに行った方がいい!と思ったので、その日のうちに旅行代金を振込に行きました。

羽田発着で滞在時間が長く使える便、免税店の立ち寄りもナシ!これはかなり嬉しいポイント

旅をするにあたり、特に買うものはないかな?と思っていたけど、いろいろ買い物をしました

ガイドブックは一昨年購入の ↑ を筆頭にayacoさんのたびしおり2種、先日購入した本、雑誌があります。

今回も台北に宿泊ですが、南の方へ足を延ばすことになり、旅行が決まってから購入したのが 




イラストレーターの方が書かれた旅エッセイ。
旅の様子のマンガ、たくさんの台南グルメのイラストと説明が面白く、見ているだけでアレもコレも食べてみたくなります。
台南、美味しいものがたくさんありそ〜



IMG_3556.jpg

IMG_3558.jpg

無印良品では、トラベル用仕分けケースを買いました。

何年も前に友達がプレゼントしてくれたトラベル用仕分けケースが使いやすく愛用しており、便利だと思いつつ、買い足しをしていなかった(入らない分はショップの袋とかで済ませてた)
色の組み合わせがかわいく、お値段もかわいらしかったので買いました。
ペラペラだけど、荷物がスッキリ整理でき中身も見えて、とても便利!
荷物をコンパクトにまとめて旅慣れたいものです


他には、メガネを15年ぶりに新調。
普段はかけない生活ですが、徐々に視力が落ちてきて、外で似合っていないメガネをかけるのが苦痛になってた時だったので、旅先でもいろいろなものがじっくり見れるように、思い切って作りました(←少々高かったので思い切った)

あとは帽子、これまたすごく久しぶりのお買い物。
旅での写真に写っているのはいつも同じ帽子でした。
落したり、処分したりしたのもあるけど、かれこれ10年近く買ってないような、、、

なんかこうして書いていると、自分はモノをすごく長く使うタイプなのか?と思ったりする。
考えてみると、何でもいいや〜という気分が長かったのかも、今は少し入れ替えたい気持ちでおります。


IMG_3577.jpg 日曜のテーブル風景


今日は強力そうな?日焼け止めを買ってきました、台湾の8月の日射しはキツそうです
暑いだろうから、詰め込みスケジュールにはしないでおこうと思いつつ、楽しい旅になるよう下調べをもう少ししておこうと思います。


手持ちの参考本 ↓














出発は数日後、楽しく無事に帰ってきたら、旅日記を書く予定なので興味のある方、お付き合い願います!!






  1. 台湾
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ほどいた糸で再びバッグ(エコアンダリヤ) :: 2014/08/07(Thu)


昨年、エコアンダリヤで編んだバッグをほどきました(昨年のバッグ→
理由は、荷物が重かったのか底がバランス悪く伸び、見た目が微妙になったため。
そんなに使っていなかったので、そのまま処分するには忍びなく、ほどいてみました。


IMG_3567.jpg

ほどく過程で切れたりもしたので、糸玉がいくつもできました、小さいのがいっぱい。
エコアンダリヤをほどいて再利用してる人がいるのか知りませんが、自分の中でイケると思ったので取っておきました、セコいかな



IMG_3563.jpg



そして、クロッシェマニアの手編みバッグから、ウェーブショルダーバッグが完成。
編んでしまえば、違いは分からない?!
編み方は、長編みと引き上げ編み、このウェーブ模様が気に入りました。



IMG_3568.jpg

高さが指定より4cmも小さくなったので、ショルダーにするとバランスが悪いと思ったので持ち手を短くしました。
いつものことだけど、長編みの高さが出てないってことですね。
横幅は指定通りになったので、再利用の糸が原因ってことはなさそ。







IMG_3574.jpg

使い途は、近所にて。
財布とエコバッグ、ポーチやスマホがラクに入る大きさ。


IMG_3575.jpg

同じ色の組み合わせのダブルカラーのポーチも同じ本から編んだもの。
これはよく使っています。



本のように黄色&水色の爽やか系もいいし、ブライトカラーを使っても楽しそう





糸玉は微妙に余ってしまったけど、だいぶ消費できたのでスッキリ。
思えばこの夏は糸を買っていない、糸よりも欲しいモノがいろいろあったのでそちらが優先になった感じです。
ま、買わなくても編みものを楽しむ分の糸は持っているということですねぇ。

毎日暑くてシンドイけど、気持ち的には秋冬物へ向かいつつあります。
今月は余り糸消費しながら、のんびり秋冬のニット計画でも立てようかと思います。



  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
[本]毎日がときめく片づけの魔法、読みました。 :: 2014/08/02(Sat)


今年始め、こんまりさんの本を読んで、かなりのモノを片付けてきました。
最後の思い出系、「写真」に手をつけず現在に至っているので、「片づけ祭り」が終わりました〜と声高らかに宣言ができない状態です
絶対終わらすと決めたハズなのにもう8月、、、

こうして祭りが滞っていると、図書館で予約しているこんまりさん本の順番が回ってきます。


毎日がときめく片づけの魔法を読みました。





あっと言う間に読み終わりました。
「毎日がときめく」ということで、片づけ後の暮らしぶりの実例というのか、こんまりさんの丁寧な暮らしも書かれていて、ときめく気持ちを大切に日々の暮らしをしていると感じました

日々の暮らしで気づいたことをよりよい方へ実践する努力が私には足りないのだな、と。。
片づけを始めたけどつまづき気味の私にも、今一度なぜ片づけたいのかを考えるよう諭されたような気がします。


片づけは滞っているものの、自分の理想を思い描くのはいいことで、最近の買い物に関しては、自分にとってピン!とくるときめきが高いモノと出会えてるような気がします
これは、こんまりさんを実践したおかげでしょうかね?


洋服に関して言えば、量がものすごく減ったのですが、残したものを着ながら、コレはずいぶん長く活躍してたけどそろそろ今シーズン限りかなとか、残してみたもののサイズ感が見た目に大きいような気がして今はときめかないし、そこそこ着たからお役目終了かな、とか自然と判断するようになっています。

理想は「全てお気に入りの服が並んだ引き出し」

好みがブレることある私にはハードルが高い理想と言えますが、一度スッキリさせたことにより少しずつ理想に近づければいいかな〜と思っています


そういえば、こんまりさんは春頃ご結婚されたようで、おめでたいですね。
今後、二人暮らしをしていく中での片づけのエピソードを聞けるかな、楽しみにしています。














  1. こんまりさん(片づけ)
  2. | trackback:0
  3. | comment:6