sweet&sweet




札幌帰省 :: 2011/05/31(Tue)

先週の木曜から日曜まで、札幌へ帰省してました。去年の8月(だったかな?)以来です。
ここ2年くらいは正月に帰ってないので、いつ帰ろうか?と考えていないとあっという間に1年が過ぎてしまいそうな感じ親に孫の顔を見せに行く、とかもないのでね、、、でも家族に会いたい&自分たちの元気な姿を見せたいので、少なくとも年に1度は帰ろうと思っています。

今回は夫側の親戚の結婚式がありました。こうゆう時でないと親戚の方々と会う機会もほとんどないです(みなさんもそうゆう感じ?)
私は夫より1日早く札幌入り、私のいとこの家と姉の家をひとりで遊びに行きました。初日は姉宅、2日目は夫の実家、3日目は私の実家と転々としてきた

そして、久しぶりの結婚披露宴、感動してきましたやはり、花嫁の両親への想いが詰まっている手紙を読む場面ではこらえきれない!自分の時より泣いたかも。。。たくさんの人たちに祝福されて、幸せな瞬間なんだよね~としみじみ。

お互いの親戚に結婚適齢期な人が少なくなってきたので(結婚式挙げるとも呼ばれるとも限らないし)仲がいい友達も結婚してるので、しばらく結婚式に参加はなさそう、、、数年後、私の甥や姪あたり?ふぅ、その時は号泣しそうだ

RIMG1229.jpg

いい季節の札幌へ行ったのに、景色の画像は1枚もなく土産お菓子画像のみ。

白い恋人は姉から、六花亭のお菓子は父が買いに連れて行ってくれるのが恒例化。画像には食べてしまったので写っていませんが、催事などでは買えない日持ちしないお菓子も買えるのが嬉しいみかんのプリンがおいしかったー

手前のチョコとキーホルダーは友達のパリ土産。帰りはこの友達が空港まで送ってくれたので、車中でパリの話を聞いて、いいな~と思いました。最近、まわりで海外旅行した人が多くて(韓国旅行は3組!)話を聞くだけでも楽しくなるのですが、やっぱり実際に自分も行きたくなってくる

他には今回、札幌でジョギングをしてきた。私の実家近くに緑いっぱいの公園があるので、楽しみにしていました。ゆっくりペースで6キロ走りました。視界には山並みがバーっと広がり、川沿いの遊歩道、桜もまだ咲いていて、緑もいっぱい、曇りだったけど気持ちよかった~
週1だけどジョギングは続いています。まず10キロ走れるようになりたいと目標を持つようになってきました

次回の帰省は次こそ年末年始にしようか、、、飛行機代がかかるので悩みどこでもあるんだけど
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
福島旅行 番外編・お菓子 :: 2011/05/24(Tue)

福島の物産品が買えるアンテナショップが東京駅八重洲口の近くにあります。お土産を買いそびれた分を購入しに行ってきました。
震災後の売り上げがすごく増えたようですね、それぞれ自分の出来ることで応援しよう!という気持ちが集まっているということでしょうね



福島県八重洲観光交流館
私が行った日は平日の昼間、次から次とお客さんが訪れていました。
こちらには福島で手に入る観光ガイドのパンフレットがほとんど揃っているようです。夫と旅行へ行く前に来ればよかったねーと話してました。テーブルとイスもあるので、計画を立てることもできて便利です。

RIMG1107.jpg

福島では何を食べてもおいしかった!味付けがほどよく感じたのがほとんど、やさしい味でした。そして、お土産などはどうなのか?

福島出身の友達から教えてもらっていた福島銘菓ままどおるを今回福島へ行って、初めて食べました。「あ!コレ好きだわ、おいしいっ~」と一口でお気に入りに。

RIMG1108.jpg

薄い皮にバター風味たっぷりのミルク餡が入っていて、とってもおいしいです。細長い形が食べやすく、パッケージもかわいらしい、お土産に人気あるのも頷けます(5個入り420円)

ままどおるを作っている三万石さんの「エキソンパイ」もおいしいらしい、次回はぜひ買おうと思っています。
ちなみにエキソンパイの方は交流館では販売されてないようです。

今回こちらで自宅用に買ったものは

RIMG1176.jpg

柏屋さんの檸檬(れも)ともちずり、ホントにどちらもグッドです!!

柏屋さんは福島を代表する銘菓の薄皮饅頭(150年続く、日本3大饅頭のひとつですって!)を販売されている老舗。震災後、この老舗和菓子店の復興支援のために北海道の六花亭が「柏屋」の薄皮饅頭を全道の主な店舗26店で販売されたそうです。(現在は販売終了してます)
同業種でのそのような支え合いも心温まることですね。やるね~六花亭

黒豆ぎっしりのおせんべいもコーヒー牛乳もおいしかった~桃のジュースだけまだ飲んでいませんが、おそらく期待を裏切らないと思っています。

RIMG0680.jpg

こちらはけっこう前に買った岩手県の南部せんべいや巌手屋さんのチョコ南部です。
近所のお店の東北復興支援コーナーで販売されていました。

落花生せんべいのクラッシュされたものをピュアチョコレートでコーティングしたお菓子。食感と味、なかなかクセになるおいしさです。

全国各地で東北・北関東の物産展がたくさん開催されるといいな。
  1. パン・スイーツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
福島旅行最終日 大内宿~塔のへつり :: 2011/05/23(Mon)

帰る日、高速バスは18時発なので、たっぷり時間はあります。最後の観光はレンタカーを借りて、大内宿塔のへつりへ行ってきました。

朝食を終え、荷造りをして、9時頃チェックアウト。ホテル近くにあったレンタカー店で車を借りて出発!今から出れば渋滞は大丈夫とお店で言われた通り、スイスイと到着。

RIMG1042.jpg

私たちが誘導された駐車場はすでに大内宿から一番離れたところ。天気もいいし、車もたくさん停まってる。

RIMG1043.jpg

目の前に広がる山並みと青い空、すごく気持ちよかった!

RIMG1078.jpg

会津若松と日光を繋ぐ会津西街道または下野街道と呼ばれた街道の宿場町だった大内宿。江戸時代の宿場町の面影を今もそのままに残している山間集落。
ちょっとしたタイムスリップ気分、だけど町並みは古くても歩いている私たちが現代の格好なのが、なんか微妙。こうして遠目に見ると違和感ないけど
それぞれ藁葺き屋根のおうちは、宿、お土産やさん、お蕎麦やさんなどでした。

お昼は十割蕎麦を食べて、用水路で冷やしている磐梯サイダーで喉をうるおし、黒米入りきんつばを食べたり、やさしい味の甘酒をいただいてきました。こうして書いていると旅行って食べてばっかり

10時すぎに到着してたので、昼過ぎには大内宿をあとにしました。駐車場を出て、来た道を戻る片側1車線の道路へ出てびっくり、これから大内宿の駐車場へ入れる車が延々と渋滞中。お昼時なので、まだ帰る数より来る数の方が多いと思う、早く来てよかったとつくづく思いました。今回の福島旅行で一番混雑してると思った観光地は大内宿でした。

お次は塔のへつりへ。

RIMG1096.jpg

こちらは長い年月の浸食によってできた渓谷。静かでゆったりとした時間が流れてました。

RIMG1099.jpg

こうゆう景観を実際に訪れてみれたのが嬉しい思い出です。

塔のへつりの後は予定を決めてなかったのですが、大内宿にPRをしに来ていた会津美里町へ行ってみました。もらったパンフレットを頼りに川沿いに続く宮川千本桜と伊佐須美神社を巡って、会津若松へ戻りました。パンフ掲載のお目当てのスイーツ店はしまっていた

車を返却し、余裕を持って高速バス乗り場へ到着。東京から来るバスが渋滞で遅れているため、17時頃に着いたときにはまだ16時台のバスの人たちが!
結局、私たちの乗る18時のバスも19時半くらいに出発。新宿駅に着いたのは24時まわっていたので、電車もギリギリ、最後の最後に思いがけぬハプニングでした。

初めての福島、とても思い出深いものとなりました。そこにある自然、あたたかい人たち、ありがとうございました。

旅行記を読んでくれた方たちにもありがとう。ちょっと手抜きになってしまった、次回の旅行記(いつ?)がんばります!
  1. 旅日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
福島旅行3日目 喜多方~会津若松 :: 2011/05/22(Sun)

民宿を9時前に出発。
喜多方駅からほど近いところにしだれ桜散歩道があるので、散り際を覚悟で、散策スタート!



3キロちょっと続く桜並木、曇り空&風が強め、花びらがヒラヒラ舞っていく中を歩きました。すれ違う人は少ないけど、年配の方はみんな挨拶してきてくれました。リュック背負って、よそ者とわかる格好だけど、自然な感じで。見知らぬ者同士の挨拶って、好き。ひとりのおばあちゃんは話かけてきてくれて、早口の方言で言ってることがわからない部分があったけど、思い出のひとつとなった。


RIMG0944.jpg

桜の散歩道を端まで歩いて、蔵のある通りへ移動。ガイドブックに載っていたワインを売ってる和飲蔵さんへ。駅でもらってきたパンフレット掲載の北会津ワインがあったので購入。ラベルがかわいくて気に入りました。こちら会津若松で100年以上も続く、大竹ぶどう園さんの作るワイン。

RIMG0948-1.jpg

モーツァルトを聴いて育ったお酒があると聞いて、小原酒造さんの蔵粋(くらしっく)へ。試飲させてもらい、美味しかった2本を購入(1本は土産分)リュックが重くなる
他は歩きながらの蔵を眺める。。。古~い感じから、きれいめのしゃれた雰囲気の蔵などありました。道幅狭く、車通りも多く、あまり写真撮ってこなかった

お昼は民宿でオススメしてもらったお店で喜多方ラーメンを食べる。さっぱりイケそうな塩にしました、おいしかった。行こうと思っていたスポットは午前中で廻れてしまったので、会津若松へ移動。

RIMG0969-1.jpg

赤べこのお出迎え。すっかり赤べこ好きになった、赤べこのほわわーんと首を振る姿、癒し系ね、次回は買って帰ろうと思う!

最後の宿は会津若松ワシントンホテル。1泊朝食付きの格安なプランで泊まりました。部屋は狭かったものの、駅から近く便利でした。朝食のバイキングがおいしかった!スタッフのみなさんもよかったし、今回の旅行、宿はぜんぶよかった

RIMG0983.jpg 石段のぼっていく

ホテルにチェックインして、重くなったリュックをやっと置くことができ身軽になった。ここから徒歩にて白虎隊士の最後の地となった飯盛山へ。若干16、7歳の若者たちが自らの判断で自刃、その当時の少年たちがいかに厳しく育てられ、ある意味大人だったのかと思う。
白虎隊士の像が鶴ヶ城の方角をみている、煙が上がり、お城が落城したと誤解が生んだ悲劇。同じように現在、鶴ヶ城を眺めてる私たちはなんて幸せな境遇で育ってきたのだろうと思った。墓前でしっかりお参りしてきました。

あいづっこ宣言。何か現代に足りなぬものを表してる気がしなくもない、、、いいね

RIMG1007.jpg


RIMG0981.jpg

飯盛山入り口から石段まではお土産やさん並んでます。あわまんじゅう、あげまんじゅう、おいしかった。


そして、バスで鶴ヶ城へ。


RIMG1024.jpg

お城の裏手?桜の木はこちら側に集中してました。
天守閣に赤瓦を使用してるのは極めて珍しいとのこと(幕末の戊辰戦争当時、鶴ヶ城は赤瓦だったと考えられているそうです)3月にリニューアル後、囲いがとれて赤瓦になった鶴ヶ城の全容がお披露目となったようです。


RIMG1014.jpg

赤瓦、想像していたより黒っぽくて、夕暮れでわかりにくかったけど、シックでかっこいいかも!壁がキレイに真っ白だったのが、新築みたいにみえた

この日、たくさん歩いた&寒くなってきて、かなり疲れた私の希望でホテルに戻る。夕食はホテルのレストラン&バーで。半円形のすてきなボックス席でゆったりと食事ができました。部屋に戻り、すぐさま爆睡。

最終日4日目につづく。。。
  1. 旅日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
かぎ針編みのキャミソール :: 2011/05/20(Fri)

今日は暑かった今はまだ朝晩にそよそよと気持ちのいい風が吹くので、全く問題ないけど、忍び寄る夏の気配がこわいわ
途中の旅行記を休憩して、編み物のこと。



かぎ針編みのキャミソールが完成。michiyoさんの着回し自在なニットのふだん着から。カーディガンに続いて2枚目です。
付ける前に仮止めして、合わせて大丈夫と思ったけど、肩ひもが少し短めでした。丈、本と同じ段数編んだものの、短め。これで問題はないけど、長々編みや長編みの高さがきちんと出てないんでしょう、気をつけないとね。
身幅は目数減らして調整して、ジャストサイズ!

透かし模様なので、何かの上に着るタイプのキャミ、うまく着回したいものです。


【送料無料】着回し自在なニットのふだん着




なんとなく、1枚完成したら新しい本や糸を買うってタイミングにしてる私(毎回ではないけど)

カーディガン完成後は毛糸だまを買いました。



70年代特集のポップなテイストが好き。ふふ、着れるとか似合うとかは別としてですが。
ウエアもすてきだな、と思うのがいくつかありましたが、、、


RIMG1198.jpg

コレ編みたい!どちらもいいですね、夏らしくってすごく使えそう。バッグって、ウエアよりも失敗が少ないからいいんだよね持ってみて、ん?似合わない、という事態にもならない。


RIMG1199.jpg

これもかわいい自分で作りたい、というよりは欲しかった、ビーズのポーチ。でも、けっこう高いので、自分で作るとどのくらいの値段でできるか気になるところです。


さて、次はどうしようかな~

  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
福島旅行2日目 五色沼トレッキング・喜多方へ :: 2011/05/18(Wed)

焼きたてのパンで朝食を楽しんで、荷物整理。起きたときは雨が降っていたけど、少しずつ弱まり、あがりました・・・五色沼散策の予定だったので、よかった
9時頃、ヴァンブランさんを出発。ここから五色沼入り口まで歩いて行けます(約10~15分)

五色沼入り口にある裏磐梯ビジターセンターでトレッキングマップを購入して、スタート。片道3,6km、どんな景色が待っているのかとワクワク(ガイドブックでは見ていてもね)



最初の沼は毘沙門沼
曇り空の下でも見事に青い!!びっくりです。この画像よりももっと鮮やかに見えました、アロフェンという物質が青く見せているらしいのです。すごい不思議、ボートに乗ってる人もいて、ボートで水面近くに寄るとどんな風に見えるのか気になるところでした。

RIMG0818.jpg

雪がところどころに残る道をゆくと、次は赤沼
ここは不思議なくらいグリーンの沼で、見ずらいですが縁が赤なのです。歩いて行く先に次から次と、このような景色が見えてくるのはなんともいえない気持ち。

みどろ沼竜沼も青く、枯れ木の間から写真を撮ってきました。

RIMG0844.jpg

こちらは弁天沼
それぞれ違う青さで驚きます。天気が良かったらどんなに美しいことでしょう。

青沼るり沼柳沼を巡り、裏磐梯物産館へ到着。自然の不思議と素晴らしさを堪能。

RIMG0872.jpg

たぶんだけど、地震での地割れの痕跡も。私が気づいたのは後半の柳沼手前くらいから。自然は素晴らしいものと同時に怖いものでもあるんだ、と改めて感じました。

この後、物産館でとっても美味しいジェラートを食べて(私はラムレーズンと山塩、夫はわさびとどんぐり!)記念に木コロストラップを購入し、裏磐梯茶屋でお昼を食べて(名物ひすい麺)桧原湖でボートに乗り(お客さん、数えるほどしかいない)バスにて喜多方へ移動(約50分)

RIMG0915.jpg

喜多方駅、駅舎は新しい感じでした。民宿に連絡を入れて、迎えに来てもらうのをしばし待つ。

RIMG0918.jpg

観光案内所に貼られたポスター。ここだけじゃなく、あちこちでポスター、のぼりなどを見かけました。東北の人たちは、本当に辛い気持ちや不安を抱えながら、でもなんとかしなくちゃ!という気持ちで、みんながんばってるんだと思いました。

RIMG0922.jpg

2日目お世話になったのは民宿 えびすやさん、地元の食材を使った料理と地酒が楽しめそう、ということで夫が選びました。料理が美味しかったー(お米、こごみのおひたし最高!)お酒も旨かった!こちらは市場に出るとけっこうなお値段になる貴重な日本酒。ほんとにおいしいと思えた(私は一口だけど)夫は嬉しそうだった

録画予約をし忘れたドラマ JIN-仁-を見た後は、すんなりグッスリかと思いきや、道路沿いでけっこう車の音が気になりました、まぁほどなくグッスリ、、夜中は雨の音でも目が覚めました。

民宿の方たちはとてもいい人、あったかい人たちでしたまつたけの季節にまた行きたいな~

3日目に続く。。。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
福島旅行1日目 猪苗代・裏磐梯 :: 2011/05/17(Tue)

GWに3泊4日で福島へ行ってきました。震災前は海外旅行を考えていましたが(行き先はまだ決めてなかった)震災直後は旅行の計画をすることが頭から離れて時が過ぎ、連休も迫ってきたし、国内で消費をしよう!と意見が一致、それなら東北の観光地を応援しよう!と決めました。
図書館でガイドブックを借りて、裏磐梯~喜多方~会津若松の順で廻ることにしました。往復高速バス利用。行きは朝7時半のバス、3台で向かいました。お土産を持ってる人が多く、帰省っぽい人が多かったです。

昼過ぎに猪苗代駅で下車。猪苗代駅前、この日は曇り空ですごく淋しい雰囲気。バスで猪苗代湖畔の方へ移動しようとバス時刻を調べるとちょうどもうすぐ来る時間でした。にこやかな運転手さんのバスにて移動(約15分)



そして目指したのが、猪苗代地ビール館、磐梯山が見え、曇りだけど雄大な景色がドーンと目の前に。

RIMG0742.jpg

寒くてビールの気分じゃないけど、飲んで行かねば!ゴールデン・エンジェルとラオホというビール、あらびきソーセージをいただいた、ゴールデン・エンジェルの方が飲みやすかったです。
この隣(駐車場が中央でその先に)には世界のガラス館があり、広くて、キラキラ鮮やです。他におかし館・だんご館、オルゴール館あり。

道路隔てた向かいには野口英世記念館、新しくオープンしたラーメン館がありました。ラーメン館前で喜多方ラーメンの試食があったので、並んでいただきました、おいしかった。こちらにはラーメンビュッフェなるもがあり、たくさんの人が待ってましたよ。展望台があったので上がってみたけど、雨でボヤっとしか猪苗代湖が見えない、残念

車で訪れる人が大半だろうと思われるこのエリアに来て、車がたくさん走ってるし、駐車してる車を見て、例年よりはかなり少ないだろうけど、これからの連休、天気もよくなれば、もっと賑わうんだろうなって想像できました。ほんとこの日は雨も降ってきて、寒かった



RIMG0752.jpg 

猪苗代駅に戻り、バスで裏磐梯へ(約30分)
初日はペンション ヴァンブランさんに泊まりました。どこにしようかあちこちHPを覗いた結果、雰囲気がとてもよさげだったので決めました。
オーナー夫妻の人柄、ペンションのかわいさとあったかさと清潔さ、美味しい料理とワイン、露天風呂、どれをとってもよかったです。ここにしてよかった!また裏磐梯へ行くときはこちらに泊まることにしますこれからの季節がいろいろ楽しめそうで、今もすごく行きたいです。

RIMG0753.jpg

お部屋もかわいい。

RIMG0760.jpg

こちらのテーブルで夕食・朝食をいただきました。上のワインももちろん一緒に(笑)

RIMG0762.jpg

この食堂がぬくもりがあって、すごく気に入ってしまいました。奥さま作なのかな、手づくり雑貨があちこちに飾られ、それらに気持ちがすーっとなごむ感覚がしました。

私たちが宿泊した日は、私たちを含め5組だったかな。他の方たちと同じ時間に美味しい料理を一緒に楽しむ(お話はしてないけど)ことができてよかったです

お腹いっぱいになったので、予約したワイン教室(初心者のためのワインの楽しみ方の教室)まで部屋にてゴロリ、お風呂は夕食前に済ませておいてよかった。
何やら素晴らしいピアノの旋律で目が覚める、生演奏だ、オーナーかしら?と思って、食堂へ行ってみると、その日宿泊のお客さんが弾いてました。すごい得した気分

そして、ワイン教室の時間、参加は私たち夫婦のみでした。ロゼと白ワイン、バゲットとチーズで、ワインを楽しむコツを教えてもらいました。オーナーの話し方がやさしくて、とても話やすかったので、いろいろお話をして楽しい時間を過ごしました。

その後、歯磨きをして、朝までグッスリ。翌朝、雨じゃなければジョギング予定だったのですが、夜中からけっこう激しい雨、朝もまだ降っていたので、窓から走ってる人を見たけど、諦めました(夫が残念そうだった)

2日目につづく。。。
  1. 旅日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
マリメッコのファブリックパネル :: 2011/05/16(Mon)

昨年末にマリメッコの自作ファブリックパネルを解体し(日記はコチラ)新しい生地を購入し、早数ヶ月、やっとファブリックパネルにしました、簡単な作業なのにねぇ


RIMG1180.jpg ←パネル裏側

私は31×41センチのキャンバスを使用。生地を張りながら、後ろでガムテープで止めるだけで完成!前も同じようにガムテープ(しかも普通の茶ガムテープ)を使用してました。剥がすときにどうかな?と思っていたけど、生地には粘着剤も残らずに簡単に剥がせたので今回もガムテープにしちゃった。かわいいガムテなので、見た目は以前よりいいです。


RIMG1181.jpg

今回はマリメッコのPUUTARHURIN PARHAAT(プータルフリン・パルハート)「最高の庭師」という意味だそう。パっと見なんだろう?という絵だけど、草花や野菜がかわいいく、グリーンのアクセントが気に入り選びました。でも、お試しハーフカットで購入し、届いた生地のグリーン部分が生地の端だったので焦りました。ギリギリ、パネル上に残せたのでよかった


RIMG1188.jpg

飾るセンスに欠けているので、縦か横かどうしたものか、悩んだ末にこうしてみました。隣は昨年のマリメッコ本の箱のロゴを使ったもの。


↓ 小物にも利用してる、おためしハーフカット



↓ 持ってれば便利だね







こちらはみなさんご存知、先月発売になったマリメッコ本、マリメッコは今年で60周年おめでとう!!
付録のバッグはウニッコ柄、お買い物したときに便利なサイズで、何度か使ってます。
今回はワンピースの型紙付きで、すてきなワンピを縫う人たくさんいそうだわ私のミシンは今や裾上げくらいの使用頻度ミシン苦手~


RIMG06832.jpg

今回も本と付録の箱を一体化させてる外カバーを再利用。かわいいのでポイっとは捨てられないし、ただ取っておくのも微妙なので、、、

RIMG1178.jpg

IKEAで購入したフレームTOLSBY、かわいい形と99円という安さだったので購入したもの。これに入れてみました。

RIMG1195.jpg

ウニッコのイエローは部屋が明るくなる感じ

RIMG1185-2.jpg

トイレに飾ってるフレームも中身をチェンジしてみました。

小さな変化でも楽しいものだね、増えつつある物の整理整頓の方も意識していかなくちゃ!

今回も長くなりました。最後まで読んでくれてありがとう。

  1. インテリア・雑貨
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
富士裾野高原マラソン大会 :: 2011/05/13(Fri)

GW最終日、夫が初めてマラソン大会(ハーフの部)に出場。今年の1月から始めたジョギングにかなりハマっていて、すごく大会に出たがってました。4月にエントリーしていた大会は中止になったので、念願かなっての参加です。私はまだ続けて5キロも走ったことないので、もちろん応援&荷物持ちで

当初は近くに前泊しようか、と考えてましたが、いろいろ出費もあったので、宿代は節約、当日の朝早くに出発。
4時半に起きて、5時すぎには家を出ました。

 ←早朝のホーム、気持ちいい


RIMG1125.jpg

参加したのは第35回富士裾野高原マラソン大会です。
どんな雰囲気だろうと自分は出ないくせにドキドキしながら裾野市運動公園に到着すると、、、すごい人!車で来てる人たちが多くて、裾野駅からバスに乗ったときは全員が走る人っぽくて、もしや応援の人少ない?なんて想像していたら大間違い、運動公園には家族連れ、友達連れですごいたくさんの人が集ってました。
家族連れをみると、お父さんが主役の休日って、いいな~って微笑ましかったです。夫婦やカップルで参加の方たちもいて、私もいつか!と憧れました。


RIMG1122.jpg

参加する人たちはすでにウォーミングアップしてる人がたくさんで、夫も受付を済ませ、着替え、ストレッチをして、他のランナー同様、軽く走り始めました。最初はハーフの部10時スタート、競技場の出入り口の所で見送り、スタート後ここを通過するのを見守りました。



RIMG1124.jpg

いよいよスタート、ハーフの部の出場者多いです。夫がいつ出てくるかとドキドキして待ち、私が立ってる反対側端を笑顔で走ってゆくのを見れました

帰宅後、名簿をみると参加人数は総勢3000人超え!すごいですね、名簿には市町村名も載っていて、やはり近隣からの参加者が多いけど、あちこちから参加されてるのもわかりました。みなさん、相当走るのが好きですね参加者には70代の方も!スバラシイですね、頭が下がります、私もがんばります。

ハーフの後は10km,5km,3kmと時間差でスタートしてゆきます。みんながんばれーの気持ちになりました


行きの電車内で、ゴールを迎えるのに何時くらいにスタンバイしようか~と二人で話してました。夫が数回20km走ったときは2時間はかかっていたので、1時間50分後くらいに競技場入り口沿いで待ってるね、なんて会話をしていました。

そして、屋台をぶらりして、さつま揚げを買って、ベンチで持参のおにぎりを食べていると3km、5kmの小中学生が戻ってきました、早いっ。応援している親の声援もヒートアップ!面白い!!
スポーツ観戦はわりと好きな方なので、11時には少し遠目に眺めて拍手を送ったりしていました。

のんびり眺めていると、青いゼッケン(ハーフの部の色)を付けた人が!思わず携帯で時間を見るとまだ11時11分、早っ!!颯爽と競技場へ駆け抜けて行ってしまったのです。もうそれからはランナーたちへ拍手を送りながらずっと間近で観戦してました。

いろいろな表情のランナーを拍手で迎えながら、長い上りがあるコースだとか、気温も思っていたより高めだったので、夫は大丈夫かな~とドキドキしながら応援していると、、、かなーり疲れきった顔の夫の姿が!予定より早い!この時ばかりは私も大きな声が出ました。「もうちょっとー、ゴールすぐだよーがんばれー」と声援したけど、まったく聞こえてもいないし、私にも気づいてませんでした。
競技場へ入ったので、私もダッシュでスタンドの方へ。スタンドから遠目にみてもしんどそう

そして、無事にゴール、1時間50分を切る上出来のタイムでした
途中何度も歩こうかと思ったみたいで、でも踏ん張って最後まで走ったそう、あの苦しい顔をみれば相当キツかったと想像できました。本当に感動したよ、ありがとう。


RIMG1145.jpg また来年、ここに来れるかな

裾野駅近くでカレーを食べて、御殿場駅で下車。帰りに御殿場プレミアムアウトレットへ寄りました。
出発前は楽しみにしていたんだけど、夫はもちろん疲れているし、私も全くテンション上がらない

RIMG1160.jpg

何件かブラリと見た後、観覧車のある遊び場の方へ移動して、レジャーシートを敷いて、まったりしてました。ふふ、何しに来たんだろう。。。

RIMG1169.jpg

帰りは予約していたアウトレットから新宿までの高速バスを利用。渋滞で到着が1時間遅れる可能性があったのですが、なんとか20時過ぎには新宿到着、録画をし忘れたドラマ「JIN-仁-」にも間に合いホッとしました。

無事に完走した夫、あれこれ大会を検索してます。遠征費(笑)かかりそうです。


応援日記、おつきあいありがとうございました
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
メリヤス編みカーディガン完成 :: 2011/05/10(Tue)

久しぶりの更新です。
我が家では4月末から長い休みを過ごしていました。
結婚11周年を迎えてのお祝い(英国のロイヤルウェディングと同じ日福島へ旅行(応援してます!東北!!)家でのんびり、夫が初のハーフマラソン参加など(がんばった!)たくさん楽しい時間を過ごせました。
日常に戻ったので、それらのことをのんびり更新していきたいと思ってます


今日は久しぶりの編み物のこと、メリヤス編みのカーディガンが連休前に完成しました。またかなりの苦戦をしました



メリヤス編みだけなので、わりと簡単に編めるかも~と甘い気持ちが苦戦を招いた気がする、、、
棒針で細い糸のメリヤス編みって難しいね、目がキレイに揃わない、、、編んでみて気づいた私、ほんとに成長してないわ。

最初にゲージを測ってみて、だいたい合っていたので、スイスイ編み進めていきました。身頃の丈は多少の誤差があってもいいや、って感じで編み終えて、袖に取りかかったときに、ん?長いかも、と袖は段数を減らすことにして、編み直ししました。そして、これが完成したときに、身頃と袖のメリヤス編み地の手の加減がけっこう違ってることに気づく、なんたる失態

気になるものは気になるので、身頃を全て編み直し、更に片方の前身頃の衿ぐりの減目の始まりを間違えていて、途中までほどきまた編み直し、終わってみれば、2着分編んだことになります


RIMG1184.jpg

身頃と袖のとじ方もいまいちわからなく、端2目立てたラインが出ていてよいものか?本の写真では確認できないので、合ってるか不明。
ボタンをとめてないと前立てがくるんと内側に入っちゃうのも、気になる(私の編み方が悪いのかな)袖丈は調整しただけあってピッタリ、身頃は自分の感覚で言うとちょい大きかったです。

編み始めた頃は色も形もシンプルだし、ガンガン着るぞーと思い描いていたのにね
理想通りに編み上げるというのは私にはまだまだ長い道のりのようだわ、でも次も編む気満々、編み物楽しいです

RIMG1186.jpg

本では前後の丈が違う変形カーデ。最初は私も同じようにしようと編みましたが、編み直すときに普通にしました。着こなしが難しくなりそうなのでね。。。
完成した作品の平置きした画像も載ってたら助かるなぁ。


↓ michiyoさんデザイン、好き



↓ 今安いのはコチラのショップかな




まだ次の編み物に着手してません。キャミソール用に2着分の糸アリ、どちらから編もうかな。。。
満足度の高い編み物目指して、がんばるぞ!
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:2