sweet&sweet




したまちコメディ映画祭in台東 :: 2008/11/28(Fri)

DSC02545.jpg  DSC02552.jpg
先週末、第1回したまちコメディ映画祭in台東で上映される作品お目当てに浅草へ出かけました。

時間があるので雷門へ。雷門は高校の修学旅行で初めて訪れ、東京へ部屋探しに来たときも観光、家族や友達が遊びに来てくれたときも案内するし、度々訪れています。
仲見世を歩くのは好きなんだけど、いつも混んでいます。この日も朝9時過ぎに到着するとたくさんの人で賑わってました。個人旅行の方々、はとバスツアーの団体さん、たくさんの外国人観光客、、、誰にとっても定番な観光名所というのを実感。

DSC02561.jpg  DSC02572.jpg
私はベン・スティラー主演の「ライラにお手あげ」のジャパンプレミアに。
この作品は日本未公開で上映はこの日限り!(来春あたりにDVDで発売予定みたい)監督のボビー・ファレリーさんが来日していて、上映前に舞台挨拶もありました。お兄さんのピーターさんがインフルエンザで来日できず、残念。総合プロデューサーのいとうせいこうさんは「兄弟でよかったよ、、、」と言ってた、ほんとだね(笑)
監督は終止にこやかで、「日曜の朝向けではないけど楽しんでー」と言ってました。「メリーに首ったけ」を上回る?!なかなかキワドい作品でした。ほんと、ライラにはお手あげです(笑)
1973年の「ふたり自身」という映画のリメイクというから、そちらも気になります。

DSC02574.jpg
天気が良く、映画の後もぶらりと歩いてました、水上バスは長蛇の列。アサヒビールのビルをパチリ、ビールジョッキのアサヒビールタワーとお隣は「スーパードライホール」上に乗っているのは「炎のオブジェ」だそう、炎、だったのね、、、



DSC02580.jpg
映画祭のあった週末は、ベン・スティラーの最新作トロピック・サンダー/史上最低の作戦の公開日でもありました。
その2日前に、な、なんとベン・スティラーが来日してたー!全然知らなかった~ならば映画祭にも来てくれやしないかと淡い期待をしたものの、多忙らしく数時間の滞在だったようです、「ライラ~」の上映前にベンからのコメントが観れたのでよかったけど、、その時も面白いことを言ってた、その後舞台上にいる監督やいとうせいこうさんがベンの言っていたジョークの説明をしてくれました、ユーモアたっぷりで人を笑わせるのが大好きなんだなーと感じ、ますます大好きになっちゃっいました!!


ファレリー監督とベン・スティラーの作品「メリーに首ったけ」


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
英語手帳「My English Organizer」 :: 2008/11/20(Thu)


ネットで見つけた、英語手帳「My English Organizer」を来年用に購入しました。以前からあったようだけど知りませんでした。
英語が話せるようになりたい人の応援ツール!
そうなるには努力が必要なのはもちろんでしょう。。。私の手帳はほぼ日記状態なんですが、これだと英語が毎日目に付くので、どんどん記憶から消えていく英単語を少しでも覚えられるかなーと興味を持ちました。

毎日の日付部分に覚えておくと便利な単語や熟語が掲載、週ごとに自分に関しての質問があり(サンプルアンサーズもついてる!)日付部分の単語やフレーズを参考にして答え、月ごとにはそれを振り返りまとめがあります、1年後には自分のことを英語で表現できる!という仕組みになっています。コレはやってみたい!楽しそう!と思いました。

私は高校以来英語の勉強はしてなくて、たくさんの人が思うように英語が話せたら~と海外旅行や外国の人と話す機会(というか会う機会)には漠然と思ったりしてました。でも軽い気持ちじゃ英会話に通っても続かないし、ましてや独学じゃ3日坊主、あまり志を高く持てないので気楽に挑めるのが魅力、そこからスッテプアップしようとする気持ちが湧いてくるのが理想です、、、

気楽という点ではこの手帳は英語学習にしてはとても低費用(笑)手帳に関しては何年間も日々あったことを毎日少しでも記している、映画やドラマに使われるようなフレーズが載ってる(映画好きなので興味あり)などの点から自分に向いてると思いました。

著者の神田昌典さんのエッセイも月ごとにあり、内容が盛りだくさんな手帳だなと思いました。
友達で本格的に英語の勉強をしている人がいて、その人には外国人のお友達がいます、いつかその方たちを紹介してもらう機会がありそうなので、自分のことを英語で表現する台本づくり、挑戦してみようと思います。そう、外国の人と会える機会があったとしたら自分のことを話せる(自己紹介できる)のが一番大事なのかも、まずはそこからだ!と思います。

【送料無料】英語手帳「My English Organizer」2009年版(日付が記入されているタイプ)

私は早めに注文したので人気のシャンパンホワイトを選びました。興味のある方はぜひ、どんな手帳かチェックしてみてください。
DSC02532.jpg DSC02533.jpg


  1. インテリア・雑貨
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 :: 2008/11/18(Tue)

DSC02511.jpg
大好きなベン・スティラー話題の新作トロピック・サンダー/史上最低の作戦の試写会が当たり、公開前(11月22日公開)に観ることができました。
ベンが製作・監督・脚本と原案・主演をこなしていて期待度満点の作品。期待して挑んでもたくさん笑って観れました。

落ち目のアクションスター、タグ・スピードマン(ベン・スティラー)下ネタ主義のコメディアン、ジェフ・ポートノイ(ジャック・ブラック)やりすぎ演技派俳優のカーク・ラザラス(ロバート・ダウニー・Jr.)らが大作の戦争映画に出演、しかしクランクインしてすぐに予算オーバー、映画を完成させる為にあちこちに仕掛けた隠しカメラで撮影するからと、俳優5人はアジアのジャングルに放り出されて、本物の危険地帯に入っていく、、、

彼らのヒットした作品の映画予告が実際の映画同様に作られていて、タグ・スピードマンのヒット作「スコーチャー」シリーズとか、もうのっけから面白くて笑ってしまう。あぁ、こんな作品ありそうとか、これはあのパロディね、とか。
数々の名作のパロディ、たくさんのハリウッドスターもカメオ出演、映画が好きでコメディ好きはたっぷり楽しめる映画!!カメオ出演のスターがすごくて、ベン・スティラーってすごい!と尊敬、ただ出演してるだけじゃなくてこんな役やらせていいの?というスターもいるもので。

ただ下ネタもけっこうあり、ブラックユーモアも満載なので誰にでも観てほしいと勧めることはできないかな、と。私は好きなバカさ加減なので、ぜひヒットしてもらいたい!

ベンと言えば、今週末に第1回したまちコメディ映画祭in台東が開催されて、ベンが主演、ファレリー兄弟が監督の「ライラにお手あげ」がジャパンプレミア上映されます。ピーター&ボビー・ファレリー兄弟が来日されるということで今から楽しみにしています。

ファレリー兄弟、ベン・スティラーといえばコレ!!

映画祭では「メリーに首ったけ」を上映して、ファレリー兄弟を迎えてのパネルディスカッションというイベントもあるそう、面白そうだなー。メリー~はキャメロン・ディアスがかわいくて何度も観てる作品
続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:5