sweet&sweet




映画日記 :: 2008/03/18(Tue)

最近の観たい作品はレンタルしてきたDVDに収録されている予告で決めていることが多いかも。昔は映画雑誌も買ってたけど今はさっぱり。
予告は本当に興味を引き出すものだとつくづく思う。予告で観ようと決めた作品、あまりハズすことがないかも。ま、自分好みで選んでいるからそんなにハズさないか、いやそんなこともないか(どっちだ)

レンタルでけっこう観てるんだけど、たいした感想でもないのに時間がかかる(苦笑)
なので誰かに「どうだった?」と聞かれたら「オススメ」と言える作品を更新していきたい。


ラストキング・オブ・スコットランド

ペネロピを観る前から気になってた作品だけど、ジェームズ・マカヴォイが出演してることを知りすぐにレンタル。やっぱりマカヴォイ、すてきだわ。青い瞳の俳優さんはあまりお気に入りになることがなかったけど、すごくキレイな瞳で美しい、彼には大注目!大物になる予感。
この作品のアミン大統領を演じて、米アカデミー主演男優賞を獲ったフォレスト・ウィテカー、怖かった。すごいです、いつもは温厚な役柄が多そうなイメージだけど、こちらは正反対で不気味な迫力あり。

ウガンダの実在した悪名高き大統領のお話。J・マカヴォイはスコットランドの青年医師で、あることをきっかけに大統領の主治医、側近になってしまう、、、そんな昔じゃない70年代の話らしいが、遠い国でこのようなことが起こっていたと知ると自分の国の安全さを改めて感じる。単純な思いのようだが本当に怖いと思うし、権力を握ったゆえに回りの者への不信感や恐怖心で狂気を帯びながらどんどん変わってしまうことの悲しさ。私がこの作品をどれだけ理解して観れたか自分でもわからないけど、人間の権力を持つことの恐ろしさを感じた作品だった。けっこう目を覆いたくなるシーンも多い。

懐かしのジリアン・アンダーソンが出ていた、X-ファイル以来だろうか、スカリーお久しぶりでした。



海を飛ぶ夢 

この作品で一気に私の注目俳優となったハビエル・バルデム。今年の米アカデミー作品賞を獲ったノーカントリーのおかっぱ頭の殺人鬼というから驚いた(J・バルデムは助演男優賞受賞!)ノーカントリー観たいんです、おかっぱ頭が。ある朝、鏡の中にそのおかっぱ頭に似た私、ひとり笑った。

海での事故で首から下が不随になり26年、主人公は自分らしく生きるとは尊厳死を求めることだった、、これは誰にとっても考えさせられるテーマ、自分がどの立場にもなりうる可能性があるんだよな。こちらも実在の人物がモデルになっている。

主人公ラモンは家族の温かい介護を受けてきているのに尊厳死を訴え続ける、家族は反対だったり、それぞれ葛藤がある。私は見守る家族的な感情で観ていた、こんなに愛しているのにどうしてそれを選ぶのだろうと。でもその深い愛情がかえって主人公の尊厳死を求める理由にもなるのかな、とも。私だったらひたすら介護してもらうことに申し訳なく思ってしまうだろうから、そこに愛情を感じれば尚更。ラモンが尊厳死を求めるのは家族を想ってだけじゃないと思うけど。

彼を想う二人の女性、尊厳死反対の神父、自由を求めることを手伝う活動家など様々な立場の視点で考えられる尊厳死。けっこう泣いたけど、それぞれのエゴも感じるし、悲しさや涙だけを誘ってる感じではないと思えたのでよかった。

どんなに願っても主人公には自分の意思がある、彼の幻想シーンはとても美しい、このシーンを見ると、あぁそうだよね、って自由に飛びたいよねって思っちゃうな。
スポンサーサイト
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パンとネックレス :: 2008/03/17(Mon)

  DSC01396.jpg
HBを使い始めてからスイッチひとつの食パンばかりだったけど、今日は成型するパン、バターロールを作った。やっぱり捏ねる作業がないので楽ちん!毎回そうだけど、バターロールの成型はやっぱり苦手。成型以外はうまくいった、というかそこしか腕を奮うとこはないのだが、、、出来たてを食べてみる、おいしく焼けました。使ってなかったパン屋さんの保存袋に入れてみる、サマになってるかな。

今日は無塩バターを買い足そうと思ったら品切れだった。以前から品不足と言われていたけど、私が目の当たりにしたのは今日が初めて。今後どうなるかな。

DSC01379.jpg
こちらはシナモンロール、途中でシナモンシュガーとカレンズを巻き込んで再びHBにセット。シナモンシュガーが控えめすぎた、いい香りは漂った。アイシングもつくってかけた方がよりシナモンロールね、省いてしまったのでちょい物足りず。次回、シナモンシュガーをもっとたっぷり使い、アイシングもつくること!

DSC01389.jpg
HBに付いていたアンケートはがきを出していただいたホシノ天然酵母パン種。近いうちに生種をつくり焼いてみよう。生種をつくるのは24時間かかる、それもHBにお任せできるのが便利だわ。生種おこしに時間かかるし、難しいだろうと決めつけてたので、挑戦してみようとは思えなかった、これでどんなものか経験してみます。すごくおいしかったらどうしよう!?(どうしようってこともないか、笑)
続きを読む
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
私のホワイトデー :: 2008/03/16(Sun)

  DSC01385.jpg
バレンタインのお返しに夫から100%Chocolate Cafe.のホワイトデースペシャルをもらった、15日の朝に。カバンからゴソゴソと「はいっ」と。こんなお返しあるよ、と私から吹き込んだものの、お返しを買ってくれるかわからなかったので「わーい!」と喜んだ。
1枚だけだったので、「もう1枚欲しかったなー」と言うと「あるよ、はい」と同じモノがもう1枚出てきたのにはビックリ。自分の分だったのだろうか、同じチョコ2枚ゲットです(でも夫と1枚ずつ食べるつもり)

このホワイトデースペシャルの解説を載せると・・・シャンパン香るワインチョコにオレンジチョコの鮮やかなマーブル模様。カクテルの「ミモザ」をイメージしたフルーティーなテイストに仕上げました。
なんかおしゃれな解説ね、たしかに普段食べてるチョコとは違う風味、ふわぁと口の中がフルーティーだった。これがとても好きかと聞かれると普通だけど(笑)でもなんか特別っぽくて、パッケージもチョコの色もかわいくて満足。


DSC01381.jpg  DSC01383.jpg
こちらも15日の朝に届いた ウェンガー/WENGER 波刃ブレッドナイフ。以前クオカで見て、いいなーと思っていたブレッドナイフ。
創業1893年のスイス・ウェンガー社。世界一の切れ味だそうな、柔らかい焼きたてのパンもスムーズにカット、できました!フワフワしてるのにパンをつぶすことなくなめらかにね。HBを使い始め、家で食パンをスライスしていたのですが、普通の包丁だったのでプチストレスを感じてた、当たり前だけど専用ナイフは違うわ。刃はいかにも切れ味よさそうにピカピカしていて、柄の部分は120℃まで耐熱性がある素材、鮮やかな色がいい。ちょうどもらったチョコと似たオレンジ系、ちょっとした偶然でした。 続きを読む
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
衣替えの季節 :: 2008/03/14(Fri)

DSC01361.jpg
3月に入ってから、冬物をしまうのにせっせとホームクリーニングをしてる。冬物全部をクリーニングに頼ったらけっこうな出費になるから、節約のため。クリーニングに出すのは夫のコート、スーツ、家で洗わないでと言われたカーディガンたち。
洗った冬物を春夏物と入れ替えるときに、着ない服の選別も。その都度見切りをつけているつもりでもあるものです、着ない服。

セーター1枚とジーンズ3本、ユニクロに持って行くことに。セーターはほとんど着てないのでキレイなうちに、ジーンズは二人とも着倒し、サイズも合わないので。
ユニクロは3月と9月に、着なくなったり、使わなくなったユニクロ商品を回収しています。昨年9月の実施分では難民キャンプなどへの救援衣料として90%、発電用燃料として9%、断熱材、工業用繊維として1%がそれぞれリユース、リサイクルされたようです。

着ないであろう服をしまっておくのは場所もとるし、勿体ないので、こうゆうシステムは消費者にも助かります。だからといって、お手頃価格につられて商品を次々と買うことはしないつもり。でも、大量生産、大量販売をする企業の社会的責任の姿勢には共感できるので、上手に賢く利用したいお店です。
おうちに眠ってるユニクロ製品ありませんか?あれば3月中に店頭に持っていきましょう、もちろん洗濯は忘れずに!
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
活躍!ホームベーカリー :: 2008/03/11(Tue)


HBを購入して1ヶ月が経つところ、日々お手軽にパンを焼いている。おいしいとついついもう1枚、となるので小麦の消費がグーンと増えている。今は様々な小麦粉で食パンを焼いてちょっとした違いを感じるのもHBで焼く楽しみのひとつです。説明書にもあったけど、ほんと出来上がりは日々違う、使う材料だけじゃなく、室温などにも影響されるんだなーと。

DSC01328.jpg  DSC01343.jpg
全粒粉入りもおいしく焼ける、配合を多くして栄養満点に。レーズンやナッツを自動投入してくれる機能も試し、ドライイースト同様に投入の時はガッチャンと大きな音、もう慣れたけど。

DSC01351.jpg  DSC01374.jpg
HBを購入記念(笑)にクリスティーヌ・フェルベールのジャムを奮発。おいしくいただいた、高くてリピートはできない。おいしいパンがあるとジャム選びも楽しい。
続きを読む
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
ペネロピ :: 2008/03/03(Mon)

DSC01354.jpg  DSC01355.jpg
豚の鼻と耳を持って生まれてきた女の子の映画、ペネロピを観てきた。

先祖の不誠実な行いによって魔女に呪いをかけられた裕福な名家ウィルハーン家、「次に生まれる娘は豚の鼻と耳になれ」「呪いを解く方法は、仲間たちが娘に永遠の愛を誓うこと」しばらく男の子の誕生が続いたウィルハーン家だったが、初めて生まれた娘がペネロピだった。

マスコミや世間の目から必死に守る母親、財産目当てでやってくる名家の男たちはペネロピを見ると逃げ出してしまう、、、ありのままのペネロピを愛する存在は現れるのか、、

おとぎ話のような設定でありながら、現代の様々なコンプレックスを持つ女性たちにすごく明快なメッセージを伝えてくれる、前向きな作品。単に理想の王子様とめぐり合い、幸せになる、というおとぎ話の定番とは違う味付けになっているところにハッとさせられる。
自信をなくしたまま人生を過ごすのではなく、人生を楽しむ方法をこの映画で見つけてほしい、と。何事にも自信もなさすぎ&コンプレックスだらけの私もすごく身につまされた。

クリスティーナ・リッチ、よかった。これまでの出演作品も個性的な役柄が多いと思うけど今回は豚の鼻だものね、作品に込められたメッセージに共感して快諾したらしいけど、まさに女優だな。屋敷の中だけで育ったのに気立てがよくて聡明なペネロピ、ぴったりだった。声もかわいいし、衣装もかわいい、いつも腰にリボンを巻いているのがキュートなお嬢さまファッション、コートやマフラーの色やデザインのかわいさにうっとり、衣装同様にペネロピの部屋がとてもいい、ペネロピの願望と憧れが表現され、濃い色合いが独特で想像力に満ちた部屋になっていて映像も楽しめる。
続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:4