sweet&sweet




プラダを着た悪魔 :: 2006/11/30(Thu)



「あなたはもう観た?」とか「女の子なら絶対コレ!」とテレビで宣伝が流れてますよね。それを見るたびに、まだ観てない、行きたい!と思っていた映画プラダを着た悪魔を昨日のレディスデーを狙って観てきました。昼の回で、やはり女性がたくさん!

ジャーナリスト志望の女性アンディが一流ファッション誌の厳しい編集長ミランダのアシスタントとして採用され、朝から晩まで携帯で呼び出されたり、ハイレベルな要求に悪銭苦闘しながらこなしていく、仕事に振り回されて私生活にも暗雲が・・・

ファッション業界が舞台なものだから、その華やかさ、ゴージャスさといったら!最初からストーリーはある程度予測はしていて、映像をすごく楽しみにしていました。めまぐるしい衣装の数々、ほんのワンシーン(?一瞬?)しか映らない高級ブランドの数々、主役のメリル・ストリープ、アン・ハサウェイの衣装チェンジがすごい。どこのブランドかは私にはわかりませんが、どれもこれもステキです。撮影した年のシャネルの新作コレクションがたくさん借りれたというエピソードを
テレビで言ってました。観てる最中、この人スーパーモデルのジゼル・ブンチェンに似てるな、と思っていたらご本人でした(役は編集者のひとり、カメオ出演です)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ナチョ・リブレ 覆面の神様 :: 2006/11/16(Thu)

 

DSC08214.jpg作品のチラシ(笑)
ジャック・ブラックがけっこう好きで、新宿テアトルタイムズスクエアが水曜日は千円で映画を観れると知り、仕事帰りの夫と待ち合わせをして観てきました、タイトルはナチョ・リブレ 覆面の神様。ふふ、すごいタイトルだな。

ジャック演じるイグナシオはメキシコの貧しい修道院で育ち、大人になってからも食事係として働いている、修道院の貧しい食事を毎日食べる孤児たちにおいしいものを食べさせたい、恋をして自分自身も強くなりたい、という思いからルチャ・リブレ(メキシコ独特の人気プロレス)に覆面レスラー・ナチョとして参戦する・・・

おバカ要素たっぷりある作品ですが、こうゆうの好きなんですよねー。ストーリー的にも心優しい主人公が孤児のために奮闘し、挫折し、成功する、って感じで笑いの中にも感動も盛り込まれ、ありきたりながらもいいのです。ルチャドール(レスラー)になるための特訓シーン、試合のシーン、あちこちで笑えました。映画館で大声では笑えないから声を押し殺し気味に爆笑するのが好きなんです。ジャック・ブラックの体型と顔だけでも笑いを誘えます。ナチョが恋するシスター役の女優さんがすごーくきれいでキュートでした。

コメディ映画で面白いのはベン・スティラーの作品がダントツですが、今後、ジャック・ブラックもチェックしていこうっと。そういえば、ベンと共演の「隣のリッチマン」は私にはイマイチだったな~(余談ですね)


↓ジャック・ブラック過去の作品、私のお気に入り。





続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:3
  3. | comment:2
来年の。 :: 2006/11/13(Mon)

外出するとお店の先々でクリスマスや年末を思わせるものがたくさんありますね。つくづく1年の早さを感じます。
来年用の手帳と家計簿を買いました。両方毎年かかせないもの(家計簿は結婚後ですが)。手帳の方は毎年、種類がたくさん出てるので選ぶのに迷います、でも今年はすぐ決まりました。

DSC08205.jpg DSC08208.jpg
2007年の手帳はちょっと趣向を変えて・・・Beauty Plannerという表紙の手帳です、キレイになるために日々の努力や心がけ、毎日のコンディションなどを書き込めるようになってます。ビューティージャーナリストの方のアドバイスも載っていたり、最初のページにはなりたい自分を描いてみましょう、とカワイイ女の子が。よし、年内に目標を書き込むとしよう!

DSC08206.jpg
この手帳にした決め手は体重と食事のメニューを書き込むスペースがあったことです。今もほぼ毎日、体重や食事はメモしてるのでちゃんとしたスーペスがあるのは見やすい!むかって左ページにはきちんと日付、予定など書き込むスペースもあるので、けっこう使いやすそうです。使うのが楽しみ♪

DSC08211.jpg
手帳よりは選ぶのに力が入ってない家計簿ですが、こちらも毎年用意し、1年間しっかり使い込んでいるので、自分なりに使いやすそうで&安い価格のを探しています。今はPCで管理してる人の方が多いのかな~。私は書き込むのが好きなのでいつまでも手書きタイプのような気がします。
家計簿は今年と同じモノにしました。家計簿をつけていて、これで貯まっているのか?と聞かれると困りますが、家計を預かる主婦として何にいくら使ってるかはコレで振り返ることはばっちりです(あまり振り返りませんが)来年もこちらと共にほどよく使い、ほどよく貯めるを目指します(笑)
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
7月24日通りのクリスマス :: 2006/11/09(Thu)




先日、知り合いのおうちへおじゃました帰り道、映画を観て行こう、ということになり、レイトショーのDEATH NOTEの後編を目当てに劇場へ。時間も知らずに到着したら20時から上映、5分前でした。チケットは三角印であったものの座席位置が不安だったので、もう一本観たかった7月24日通りのクリスマスを観ることにしました。

地味でさえないドジな女の子サユリ(中谷美紀)は暮らしている街、長崎をポルトガルのリスボンと置き換えてロマンチックな妄想しながら過ごす毎日。憧れの先輩(大沢たかお)と数年ぶりの再会で片想いを成就させることができるか・・・ロマンチックコメディです♪
中谷美紀さんのダメっぷりが面白く、大沢たかおさんの大人のかっこよさ、脇を固める豪華なキャスト、みなさんほんとにステキです(それぞれぴったりな役柄!)

クリスマスまであと何日、という心がワクワク&ドキドキする設定もよく、ヒロインが毎日頭の中で、知り合いや漫画のキャラに王子さまランキングをつけていたり、自分の住む街を外国と置き換えて妄想するあたり、妄想好きな私としては共感できるんですよね~。恋をして一所懸命きれいに変身しようとする一途なかわいさ、妄想だけじゃなく現実を見ることが大事だと成長していく姿が楽しくもちょっぴり涙が出ちゃう映画でした。
長崎のけっこう急な坂道もいいし、ポルトガルのリスボンという街もキレイで魅力的でした。演出的にちょっといらないなーと思う部分もあったけど、この時期ぴったりのデートムービーです!!
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:8