sweet&sweet




今週の手作りパン :: 2006/06/30(Fri)

 DSC07637.jpg
今週はオレンジロール、ベーグル、プチパンを作りました。ベーグル以外は初挑戦。朝食用に焼いてるので、甘いパンはなかなかチャレンジしませんでした。オレンジロールはちょいスイートなパン、オレンジピールが分量より少なかったので、そのおかげで甘さ控えめに。足りない分、残っていたくるみも入れてみました。成型があまり上手じゃなく焼き上がったら、どれもこれも変な形になりました(笑)ベーグルは3回目、いろいろサンドして食べるのが楽しい♪

DSC07645.jpg
先日食べた、ルヴァンさんの全粒粉のパンがとてもおいしかったので(記事はコチラ)全粒粉を買ってみました。袋についていたレシピのプチパンを作りました。強力粉、全粒粉の半々の配合でした。こちらも見た目はいまいちだけど、おいしくできました!捏ねているときいつもより捏ねづらくて失敗かしら?と不安になったけど、ちゃんとできた、できた!外側はわりと固めに焼け、中は柔らかかったです。今後もライ麦や全粒粉などを使ったパンをたくさん作りたい、作れるかな♪と思いました。
スポンサーサイト
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
スイーツと日記。 :: 2006/06/29(Thu)

 DSC07643.jpg
パティスリー・ムッシュ・エムさんのミルプン、風のことづて、甘夏スフレ、出かけたついでに甘いモノ~♪とこれらを買ってきました。ミルプンとかわいい名のついたミルクプリンは、他にいちご、れもんもありました(買ったのはプレーン)
夫の帰宅する前に先にいただいちゃったのですが、おいしかったぁ!ぷるぷる濃厚ミルクプリン、上にはとってもクリーミーなクリームがのっていて、一緒に口に入れるとウハウハでした。他の小さいお菓子は明日のお楽しみに。 続きを読む
  1. パン・スイーツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
DEATH NOTEを観る。 :: 2006/06/26(Mon)

「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE

話題の映画DEATH NOTEを観てきました。漫画にすっかりハマっていたので、迷わず観たいと思っていました。前編・後編からなる異例の映画化で、死神が人間界に落としたデスノートに名前を書くと死ぬ、という現実感のない話を実写では、どのように魅せてくれるのだろうと期待していました。

主人公を演じる藤原竜也さんが私の中でイメージじゃなかったのですが(ごめんなさい)ストーリーは原作と映画のオリジナルの設定部分とうまく混ざリ合い、楽しめました。漫画と全く同じシーンや動作がファンには嬉しい!ちょっとしたつっこみどころやキャストのことなど、夫と二人で話ながら帰りました。
まさに漫画を読むように、気になるところで前編が終わる、後編が待ち遠しいと思わせるように!!漫画と同じような展開になるか、それとも更にオリジナルな展開、結末になるのかわかりません。出てくる死神はCGなんですが、すごく立派です(笑)
漫画を知らなくても楽しめる作品だと思います。映画のヒットで漫画の方も売れているようですね、映画化されている部分が一番面白く好きなのですが、最新巻が7月に発売されるので、買います。

ちなみに、主人公は超がつくほどの頭のキレる天才なんですが、デスノートに書き込まれる字がいまいち汚い(涙)藤原さん直筆のようですが、もう少しきれいな字の方がよかった!

↓女性にも抵抗のないきれいな絵が魅力!!もちろんストーリーも!


ステイディアム・アーケイディアム
↑主題歌はRED HOT CHILI PEPPERSのダニー・カリフォルニア!豪華!
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ルヴァンのパン :: 2006/06/25(Sun)


とても久しぶりの更新になりました。またまたパンネタですが、今日は手作りパンではなく、買ったパンのお話です。
土曜日、久々に休めた夫と東京メトロの一日券(710円)でぶらり散歩しようと決め、食べてみたいと思っていたパン屋、ルヴァンさんへ。
安全で健康によいというパンを作られていて、とても人気のあるパン屋さんです。天然酵母、使う麦はすべて国産、自然塩、ヨーロッパで何百年も受け継がれている製法、こだわりのあるパン屋さんは魅力的です!!
代々木公園で食べました。

DSC07599.jpg DSC07601.jpg
アースディという小さな丸いパンと野菜ピザ。酸味がほどよくかみしめて食べました、中にアーモンドが入っています。ピザ生地も酸味がある初めての味、かみごたえのあるミミ、野菜の甘みが優しいおいしいピザでした。

DSC07604.jpg DSC07603.jpg
コンプレ100。これは量り売りでいただきます、1グラム/何円というように。小麦まるごとの全粒粉。初めての見た目と食感と味。最初は酸味があり、上級者向け(笑)のパンかもねーと話していましたが、いやいやパン通でなくともおいしかった。パンの奥深さを知った一品。その日は少しかじって食べて、翌日スライスしていただきました。軽くトーストしてもおいしかった!

DSC07607.jpg
くるみのパイ。これがまたおいしかった♪パリパリのパイになんともほどよい甘さのくるみとペースト(?なんと言えばいいのかな)

どれも本当においしかったです、食事にいつもこんなおいしくて、安全なパンが食べれたらどんなに幸せだろうなって思えました。パンの知識をほとんど持たない、パン好きの私でしたが、もう少しパンについて知りたくなりました♪

  1. パン・スイーツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
プレッツェンとチーズプレッツェン :: 2006/06/20(Tue)

 DSC07586.jpg
プレッツェンを焼きました。レシピでは真ん中に筋を入れ、そこから半分に割りやすい形だったのですが、菜箸で筋を入れたけど、焼き上がりはまんまるに。出したとき、思わずかわいい!と思ってしまいました。外側パリっと中がふんわりとして、とてもおいしかったです。夫もいい反応でした!
最初に挑戦したのがうまくいくと何度も作りたくなります。なので、次はチーズプレッツェンを作りました。

DSC07587.jpg←またくっついてしまった
生地のこね終わりプロセスチーズを練り込みます。表面にあるチーズが焦げて、見た目は何も入ってない方がきれい。でもチーズが入るとこれはまたおいしかったです。

最近、暑くなってきたので、パンを捏ねるとき私もかなり熱くなります。エアコンにはまだ頼りたくないのでがんばってますが、夏はエアコンつけてパン作りしないと、できないですね(笑)まだ夏にパンを焼いたことがないので、電子オーブンの熱と冷やそうとするエアコンで電気代が増えそうだわ、と気にしたりする主婦でした。
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
ロハス・ワールドリポートを読む。 :: 2006/06/16(Fri)

ロハス・ワールドリポート
いつもの立ち読みで、ふと目に止まったロハス・ワールドリポート。ロハス、言葉は最近よく耳にするな、でもLOHASが何の略かも知らなかった私。パラパラっとめくって即読んでみたい、と思い購入。
ロハスとは健康と環境に配慮した生活を大切にし、世界の人々が共栄共存できる持続可能な社会のあり方を望むライフスタイルのこと、で、この本は欧米で広がっているロハスな志向の人々のライフスタイルや社会現象などのリポートなのです。(著者はドイツ在住)

LOHAS(Lifestyles Of Health And Sustainability)

衣食住からエネルギー、医療、レジャー、金融、教育、仕事、生き方まで、実に様々なリポートが書かれています。なるほど、と思うこともあれば、自分にはここまでマネできないわーとかいろんな思いが頭をよぎります。でも今は環境に配慮した生活をしていきたいとはわずかながら、思ってはいます(わずか、としか言えない自分がお恥ずかしいですが)

衣食住に関することからでも、とことんやってる人はやっているんですね、自分だけが快適じゃなく、世界の人々と共栄共存、限りある資源を無駄にしないような生活っていうところが魅力です。本ではそうゆう志向を持ってるから無理にとか、がんばってやってるイメージじゃないのです。

私が読んで、興味を持ったのは衣食住の面です。フードマイレージなる言葉も初め知ったり、フェアトレード製品にも興味が出たり。普段、物欲まみれの自分の思考が少し改められるような本でした。夫も読み終わったので、もう一度読み直したいと思います。
日本でのLOHASなコトのコラムも載ってます。興味がある方は読んでみてください。
  1. | trackback:1
  2. | comment:8
ライ麦パンを焼きました。 :: 2006/06/14(Wed)

 DSC07580.jpg
今回はライ麦パンに挑戦しました。粉の3割がライ麦粉のドイツ風のパン。ちゃんと焼けて、とても嬉しい♪ヨーグルトの酸味とキャラウェーシードの香りが特徴です、本の通り小さじ2のキャラウェーシードを入れたら、私には少し香りが効きすぎのような感じがしました、これは好みでしょうから、自分で加減しようと思います。

こうゆう雑穀入りのパンを作りたかったので、最初の一歩です。本にもいろいろ載っていて、ライ麦だけじゃなく玄米粉、セモリナ粉、そば粉etcなんでも使ってパンって焼けるんだなーと感心しております、今までいかに食べているだけの自分に苦笑。料理に関してもそうなんですが、食べながらコレには何と何が使われて、味付けは・・みたいな探究心がないタイプだったのです。もっと作られる過程にも興味を持って食べたい、とだいぶ前から思っている私です。実際食べ始めると忘れてることの方が多いですけどね(ダメじゃん、笑)
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
Chees Cake Factoryのレアチーズ :: 2006/06/14(Wed)

DSC07561.jpg ←箱がかわいかった♪
久しぶりに食べたスイーツの話。思えば最近ケーキを買っていませんでした、甘いモノはちょこちょこと食べていましたが、ケーキ食べてなかったわ~。
こちらはCheese Cake Factoryさんのレアチーズケーキです。デンマーク産のクリームチーズにフレッシュな生クリームを加え、自然に固める製法だそう。とてもシンプルですよね。
こんな濃厚なレアチーズは初めてです、一口目から「濃~い!」しかも食べたのが深夜(おいおい)だったので、濃すぎた・・・サイズは小さめなんですが、私は翌日に持ち越し。改めて昼間食べてみると、「濃厚でおいしー」と感じました。このくらいインパクトある濃いチーズケーキ、おいしいですねー。普段は控えめな甘さのモノを好みますが、たまに食べたくなるチーズケーキだと思いました。チーズのシュークリームもあったんですよ、そちらも食べてみたい!!
  1. パン・スイーツ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
チェックと麻のがまぐちポーチ :: 2006/06/12(Mon)

 DSC07572.jpg
がまぐちポーチを作りました。作ってみたいなーと思っていたところ、形やサイズが気に入ったキットを発見。リネンとコットンの切り替えもかわいいポーチができました。がまぐちの処理の仕方はわかったので(金具とポーチの脇部分の処理が微妙な仕上がり。)自分好みの布で作りたいと考えています、水玉のポーチを作りたい!とかビニールコーティングの生地で作ってみたいな、とか想像だけは膨らみます(笑)
このサイズ高さ11センチ、幅は12センチ、マチが3センチあります。私の少なめの化粧品を入れて持ち歩くのにぴったりです。

久しぶりにミシンを使って何かを作ると、やはり楽しい♪最近はパンにハマっていたのでミシンがおろそかでした。どっちかに没頭しちゃうタイプのようなので、バランスよく趣味として続けていきたいです♪

 
↓ネットで見つけたポーチのキット
リネンレースのパッチンポーチ
リネンレースのパッチンポーチ
リネンで作るポーチ**シンプルステッチのポーチ 【パナミ】【ZAKKA】
リネンで作るポーチ**シンプルステッチのポーチ
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
今週の手作りパン :: 2006/06/10(Sat)

 DSC07564.jpg
今週は三角パン、ベーグル、フォカッチャを焼きました。フォカッチャはイーストが少なめで発酵時間も短く、天板に広げて焼けばいいというお手軽なイタリアのパン。初心者にオススメということです。コレ、とてもおいしい!焼く時に指で穴を数カ所あけ、オリーブオイルを回しかけるのです、香りづけとしてオイルににんにくをつけておきました。塩と粗挽きコショウもふるのでそのままでもおいしい♪(焼きたてはね)
焼いて時間がかなりたったものは角切りにしてオーブンで乾燥させてクルトンに変身させることも!うちでは焼いた晩に野菜たっぷりスープ、サラダとともに、次の日の朝食、昼食にはフレンチトーストにアレンジしてあっという間に完食。また作ろうっと。

DSC07571.jpg
↑厚みはない、失敗のないパンです。切ってトーストするとパクパク食べれます。上にハーブをふり、焼けばハーブフォカッチャになります。

DSC07544.jpg
↑こちらはベーグル。オーブンに入れたらどうしても写真を撮りたくなってしまいます。おいしく焼けますようにと願う瞬間です♪

 ↓ただいま愛用レシピです!!

  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
吾輩は主婦である :: 2006/06/07(Wed)




吾輩は主婦である←公式HP

タイトルは私が主婦だといばってるのではありません、今、一番ハマってるドラマのタイトルです。見てる方いらっしゃるでしょうか?
私はここしばらく専業主婦でありますが、昼ドラはほとんど見ないです、惹かれるのがないから。でもコレ、宮藤官九郎さん脚本ということで放送前から楽しみにしていました。夫も見たいと言っていたので、毎日録画して残業から帰宅した夫と深夜に見て、笑っております(笑)

ストーリーが奇想天外、文豪・夏目漱石が主婦に乗り移ってしまう!という見なくちゃさっぱり想像つかないものです。斉藤由貴さんと及川光博さんが「やな・みどり、たかし」という夫婦役で、二人ともウマい!というかそれぞれの役にピッタリなんですよねー。いつまでも仲良しな夫婦が理想な私にとって、この二人はとてもそんな感じ。ま、現在は夏目漱石が乗り移っているので、いろんなドタバタが起こっているのですが。
二人以外にも脇を固めてるキャラがかなりいいのです。お向かいに住む「やすこ」(たかしの幼なじみ)という昔のヤンキー風キャラが強烈で楽しいのですよ、ふふ。ひとりで思い出し笑いしそう、ほんと面白いから!!
劇中、二人が学生の頃ミュージカル研究会ということもあり歌うシーンもあるのですが、この歌がまたおもしろおかしいのです。見終わった後は歌ってしまいます!
主題歌,家庭内デートはとても幸せ、かわいさが詰まった歌詞です。明日うたばんに出演するので、楽しみ♪
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
嫌われ松子の一生を観る。 :: 2006/06/05(Mon)


嫌われ松子の一生を観てきました。以前、劇場で予告を観てからすごく興味のあった作品。原作があることを知りましたが、読む間もなく行ってきました。

まさにメモリー・オブ・松子!主人公の松子が様々な不幸に合いながらも幸せになることを夢見て生きる姿がかわいくて、ときには面白くて、そして痛々しくて・・・映像のポップな色合いと流れるかわいかったり、かっこいい曲たち、出演されてる俳優陣の顔ぶれ、豪華でした。
撮影中、監督がずいぶんと主演の中谷美紀さんに厳しかった、とテレビなどで知りましたが、どこがそんなに気に入らなかったのか、それがあったからこそ素晴らしい作品になったのかもしれませんが、中谷美紀さんよかったです!(そういえば、おすぎさんもテレビで「中谷美紀がヘタなのよぉ~」と言ってたっけ)

私は切なさも残る作品ですが、それぞれの俳優さんの演技、演出にクスッとなるとこもたくさんあり、ほんとに観に行ってよかった!気になる方はぜひ観に行っていただきたい!
私の頭からは「まげてのばして」という曲(すごくかわいくて切ない)と松子のキメ顔というのか、ある表情が離れません(笑)観終わった人、この表情をする人はどのくらいいるのかなー?うちは二人とも必死にやってます。

↓映画を観た後は原作よりも撮影のときの話が読みたいです。



↓音楽がよかったのも成功のひとつですね、どの曲もよかったです。

  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:9
今週のお弁当。 :: 2006/06/02(Fri)

長年お弁当作りをしてきたのに、手抜きな日は数知れず。私は共働きで慌てて用意するわけじゃないなのに創意工夫が少なかったな、と最近強く自覚。料理が得意じゃないことからきてるのかもしれないけど、冷凍食品に頼りすぎな時期もあったので(時期的に波がある)今後はお助けアイテムくらいに考えて自分でいろいろ考えようと心に決めました。そんな私の作った今週のお弁当です。

←月曜 DSC07528.jpg←火曜
月曜日は冷凍食品使わずに出来ました、前の晩のお弁当用に残したモノですが(笑)残ったから入れようというわけじゃなく、これなら弁当のおかずにもなるな、とお弁当用にも多めに用意といった感じでしょうか(変わらないか、笑)これなら簡単に手作りのおかずも増やせますよね。
豚のしょうが焼き、おからのコロッケ、卵焼き、ちくわきゅうり、トマトサラダ。

火曜日は、唐揚げ(冷凍食品)、ナスとピーマンの味噌炒め、かに風味かまぼこを巻いた卵焼き、エビをベーコンで巻き焼いて、マスタードつけたモノ、プチトマト。
ご飯を海苔できれいに飾る人いますよね、そんな感じでやってみたのですが、プって感じ、海苔がご飯の熱でふにゃっとなりました、もっと冷ましてからですね。

DSC07530.jpg←水曜 DSC07534.jpg←木曜
水曜は前日、お弁当用に作ったカボチャの煮物、ホウレンソウとベーコンのソテー、シュウマイ、たらこスパ(冷凍食品)。
シュウマイは晩ご飯に作ったときに数回分、冷凍しておいて朝蒸しました、残っていたシュウマイの皮を使ってかに風味かまぼことシュレッドチーズを入れて一緒に蒸しました、出来立ては美味しかったですが、夫からの感想はなかったな~、冷めてると固くておいしくなかったのか・・・

木曜日はアスパラベーコン巻き、ホウレンソウおひたし、卵焼き、冷しゃぶとキュウリのサラダ、プチトマト。

DSC07535.jpg←金曜
黒米入れて炊いたご飯、いわしバーグ(冷凍食品)、エビ(塩こしょう)、カボチャの煮物、ホウレンソウおひたし、ささみとキュウリのサラダ、プチトマト。

続きを読む
  1. 手作り(たべもの)
  2. | trackback:0
  3. | comment:17