sweet&sweet




エイプリルの七面鳥を観る :: 2005/11/26(Sat)

アメリカ映画、エイプリルの七面鳥は家族再生がテーマ。家出娘とそんな娘を許せない母親の二人の葛藤が描かれています。

主人公エイプリルは母親の病を機に家族を感謝祭のディナーに招待することに。仲直りを願いつつ、母親が本当に来てくれるか不安な時間を料理を作りながら過ごしていく・・・この料理中には様々なトラブルが起きて悪戦苦闘する場面は見所です!!映画のワンシーンでアメリカの感謝祭が出てくることはたくさんあるけど、こんなに感謝祭の料理を作るシーンが出てくる映画はなかなかないと思います。後、出番はそう多くないけど、エイプリルの彼がとても好印象でした。
この作品の監督・脚本がジョニーデップ主演のギルバート・グレイプの原作者、ピーター・ヘッジス。ギルバートグレイプとはまた違った家族のドラマが描かれています。
私がこの作品を観て驚いたのが主人公のエイプリル役が、今やトム・クルーズとの婚約で超有名女優さんになったケイティ・ホームズだったこと。このような作品に主演してたとは知らなかったです。
スポンサーサイト
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
カシュクール完成 :: 2005/11/24(Thu)

 この記事はももさんのブログ、もものココロにTBさせていただいてます

とても上手にカシュクールを完成させてるももさんに刺激を受けて久しぶりに二着目になるカシュクールに挑戦!初めて挑戦したときはかなり苦戦を強いられたため、作る気持ちがなかなか起きなかった。せっかくニット生地も買っておいたことだし、そろそろ前回の傷も癒え(かなり大げさ)、作ってみた。一度やってるせいか前回ほどの苦戦はなく2日に分けて作業してしまったけど、完成しました!
うー、写真がupできないのです。取り込みができない状態のため・・・写真が取り込めるようになったら載せようと思います。
Mサイズのパターンだったのですが、一着目を完成させて着たところ大きかったので今回は自分でサイズを変更して作ってみました。ジャストサイズになりましたよ~、なので中はキャミソールなどの薄手の物を合わせる感じです、七分袖にしたのですっきりしました。
やはり数を作らなきゃソーイングにも慣れないってことに気づいたので、恐れずに挑戦するぞー!と達成感の後なので前向きに思っています(笑)

クロカシュクール←中にはスタンドカラーのシャツを合わせました

  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
キッチンストーリーを観て、心温まる :: 2005/11/22(Tue)



またいい作品に出会えました!なんとも心が温まる映画キッチン・ストーリーです。
舞台は50年代の北欧。スウェーデンの家庭研究所が新製品開発のために独身男性の一日のキッチンでの動きを調査するというもの。その奇妙な調査はスウェーデン人の中年調査員が高い脚立のイスに座り、上から男性の動きをじっと見つめてノートに書き留めるだけ、被験者のノルウェー人である初老の男性はとても居心地が悪くキッチンで料理しない始末。そう、調査員と被験者は言葉を交わしてはいけないのです・・・
それでも何日も過ぎていく退屈な調査、二人はとてもゆっくりと交流を深めていくのです。
季節は雪の積もるノルウェーの田舎で寒い空気は漂っているのにとても温まるんです。その少しうす暗い映像の中に北欧の田舎の雰囲気を、家の中、調査員が寝泊まりする小さなトレーラー、食べ物、雑貨で感じることができてわくわくしてきます。
二人のぎこちない空気が漂うシーンやゆっくり始まる友情が印象的です。心がほんわかする感情を与えてくれる映画が大好きだわ、観てよかった♪ 続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
フレンチなしあわせのみつけ方を観る :: 2005/11/20(Sun)

ジョニー・デップがカメオ出演しいる映画、フレンチなしあわせのみつけ方を観た。
大人のカップルの結婚生活の実情を描いた作品で、なかなか面白かった。男性、女性、それぞれの葛藤が描かれてます。それがフレンチカップルだからとてもおしゃれな映像で見れるのです。ヨーロッパの映画はあまり興味なかったけど、ここ最近は見たいと自然に思えるようになった。主演のシャルロット・ゲンズブールのすてきなこと!スラリと長身でファッションなんかもいいのです、子どもがいる母親役ですが(子役はほんとの息子さん)かっこいい!くわえタバコでキッチンに立っても絵になるのはどうして?(実際はいいことではないイメージなんですが)
住んでるアパートメントの部屋も広くって、どうしても日本の住宅事情との差を感じてうらやましくなってしまいます。テーマ的には多くの人が同じように感じたり、身近にありそうな内容なので、なんか魅入っちゃいました。そんなに大きな展開があるわけじゃないのでまったり観たって感じです。短いですがジョニー出演シーンは必見です♪ガブリエル(シャルロット)の気持ちがわかります(笑)
実生活のパートナーのイヴァン・アタルとカップルで登場しているので、とてもナチュラルな感じを受けました。ラストは正直わからなかったけど、それで評価が下がるって感じではない作品でした!
続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ペーパーホルダーを作る :: 2005/11/18(Fri)

←今回は飾りなし、シンプルに

20051117161553.jpg←実際つけた感じです

テーブルクロスを作った時に余った細長いはぎれ、トイレのペーパーホルダーを付け替えようとした時にコレなら作れそうとひらめき(←大げさな表現)見ながら同じように作ってみました。残ったはぎれの幅がちょうどよかったんです、縫い代分もあり、まさにぴったり!裏はお気に入りの茶のギンガムチェックにしてみました。いつもならここでレースを、と思うところですがたまにシンプルに、って感じで抑えました。他に何かアクセントが欲しい気もするけど、アイディアも浮かばずだったので。
簡単な作りだったので、苦戦することなくマネできた、よかった♪
  1. 編みもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
クローサーを観る :: 2005/11/16(Wed)

豪華俳優競演のラブストーリー、closer / クローサーを観た。ラブストーリーと言ってもけっこう異色。同名戯曲の映画化らしく、登場人物4人の四角関係が描かれている大人な映画です。場面が変わるごとに月日も経過している、恋人たちの楽しい時間のシーンはなく、偶然の出会いと別れで綴られてるのです、だから少し暗め。ロンドンのどんより空や寒そうな空気、レンガの建物などの風景がけっこう好き。
会話が大胆なシーンが多かったり、ジュリア・ロバーツの顔が改めて小さいと思ったり、ナタリー・ポートマンのストリッパーという役どころや「レオン」を彷彿させるむじゃきなかわいいシーンなど見所はあります(←私個人の見所)女性より男性の方が別れのあとをひきずる傾向にあるのも映画でうかがえます。
ジュード・ロウ、ジュリア、ナタリーの競演が楽しみで借りてきたけど(もう一人の登場人物、クライブ・オーウェンは知らなかった、ごめんなさい)ストーリー的に華やいだ感じの部分はないので、期待しすぎると物足りない感じかな。大人の恋愛模様を見たという感じでは楽しめました。 続きを読む
  1. 映画・音楽
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
防音マイクミュート購入 :: 2005/11/11(Fri)

 20051111210928.jpg←見た目がね~

20051111210944.jpg←中はこのようになってます

見た目がイケてない、でもちょっと面白い商品を紹介します。これは防音マイクミュートと言いまして、周りを気にせずに大きな声で歌えるマイクなんです。只今、連日激務の夫がストレス解消に!ということで買ってしまった代物です。実物を見る前から私は「そんなのカラオケに行けばいい」とか「使わなくなるよー」とか文句ばかり言ってました。でもあまりにも忙しく疲れている夫に欲しいモノも買わせてあげないのはひどい妻だと思い、先日貴重な休みの日に探しに行ってきました、二人で。予想していたお店にありましたね~実物を見て、これはイケてないと正直思いました、高いしね。気持ちが変わらないかなーなんて少し願う中、夫はレジへ。あとは末永く使ってもらうことを祈るだけ。
早速試してみる、カラオケで歌うように大声で歌っても音は小さい、側にいてもこもった音なので隣近所に迷惑がかかる感じは全くなし。これをつけて熱唱している姿はかなり異様だけどね。でも楽しそう、夫が2、3曲歌ったあとに思わず「貸してー」となった。歌ってみると今まで家で歌うのとはるかに違う大きさの声で歌える!私は歌がお世辞でも上手とは言えない人なのでこれでひとり猛特訓だ!どうしても座ったまま歌うことができず、けっこう動きながらノリノリで歌ってしまう楽しいマイクです(笑)
これを使って歌がうまくなった時は報告します♪
ストレス解消に買った夫は忙しすぎて、何日も使えてません(>_<)意外に妻の私が気に入ってるので無駄にはなってないと思います。
 
↓使用してる姿はこんな感じです、少々マヌケっぽい?
防音マイクミュート
  1. インテリア・雑貨
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
中野の飴屋さんpapabubble :: 2005/11/04(Fri)

この記事はzakka cafe*joujou*さんにTBさせていただいてます

←ひときわ目を惹く外観

中野にあるとてもかわいくて、おしゃれーな飴屋さんのpapabubbleさんに行ってきました。こちらもjoujouさんの記事で読んで知り、行ってみたい!と思っていたお店です。のどかな地元の商店街にありましたよー、黒の外観が目に止まるすてきなお店でした。オープンな工房と棚に並べられたカラフルな飴入りの瓶、壁には袋入りの飴が飾られて(売られて)おりました。入ると試食の飴をいただきました、オレンジの柄の入った飴です、「おいしいっ!」見た目もさることながら味もフルーティでおいしかったです。

papabobble2.jpg papabubble.jpg←断面に感動!

テレビでも紹介されていて、飴を作る工程を見て感動したのですが、行ったときは作業はされてませんでした。とても雰囲気のいい店員さんが二人いました。このさわやかなお兄さんがこの神業のような飴を作るんだーと感心してしまいました。断面に柄や文字が入ってるのは不思議でしょうがないですよ、どうやって?!って感じです。
この可愛さはお土産にぴったりです、子どもにも大人にも喜んでもらえそう。普段、飴は食べることが少ない私ですが、この飴は選ぶのを楽しみながら食べたいと思います♪

追記:1月31日pancopaさんのブログ、ダラックマ日記にTBさせていただきました。
  1. パン・スイーツ
  2. | trackback:2
  3. | comment:2